Home
August 2018

Month: August 2018

『Burning』イ・チャンドン監督、待望の新作。

©Nuri Bilge Ceylan films  『ペパーミント・キャンディー』などの名作で知られるイ·チャンドン監督。一時は韓国の文化大臣を務め、自国の文化発展に尽力。しかし、映像作家の道も忘れていない。村上春樹の短編『納屋を焼く』が下敷きの『Burning』は、8年ぶりの待望の新作。先のカンヌでは国際批評...

Divins:自分好みのお得感たっぷりワインを見つける。

オーナーのトマさん。 パリに素晴らしいワインセラーは数多くあれど、敷居が高い店が多い。しかし、救世主的な店が現れた!オーナーのひとり、トマ・ブラヴォ=マザさんは長年ワインに携わってきたジャーナリスト。しかも彼は、有名な料理評論家の故ジャン=ピエール・コフ氏と共に「10€以下で美味しいワイン」というガイドブックを...

『SHIP’S CAT 』展
ヤノベケンジ × 堀木エリ子

SHIP'S CAT (Black)2017 「旅する猫」巨大彫刻、カルーセル・デュ・ルーヴルで展示。  日仏友好160周年、京都市とパリ市友情盟約締結60周年を記念して、京都を拠点に活躍する現代美術作家・ヤノベケンジさんと、和紙作家・堀木エリ子さんふたりによる「SHIP’S CAT 」展が開催されている...

難民を助けた人たち、無罪に。

「連帯は罪ではない」。マルティーヌさ・ランドリーさん(手前)。  イタリアとの国境近くで農家を営むセドリック・エルーさんは、自分の農園内に難民を泊めていることで2017年8月に有罪判決を受けた(836号)が、他の難民支援活動家やNGOとともに「判決は憲法に適合していない」として、憲法評議会に提訴していた。7月8...

ノルマンディーの作家と食 〈30〉

 フロベールの代表作には、まるで約束事のように大勢で食卓を囲む風景が出てくる。『ボヴァリー夫人』(1857年)では婚礼を祝う田舎の祝宴が、『感情教育』(1869年)ではパリの大画商宅での趣向を凝らした夕食が読者に深い印象を残すけれど、その遺作となった傑作小説『ブヴァールとペキュシェ』(1881年)もしかり。  思...

AF会長にカナダ人任命

ベンジャミン・スミス新AF会長。 8/16  エール・フランス(AF)-KLMの取締役会は、現エア・カナダのベンジャミン・スミス旅行部門担当社長を新会長に任命した。就任は9月末。労使交渉の失敗の責任をとってジャナイヤック会長が5月に辞任して以来、会長職は空席だった。AFの労組連合は新会長がフランス人でないこと...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る