Home
August 2018

Month: August 2018

Jhin(4区・マレ) – tissu japonais
日本の伝統柄の布をパリで

 パリ4区マレ地区の小さな通りに、マダム・ジンの「日本の布」のブティックはある。10年前にオデオンで開店した店を2年前にこちらに移したものだ。厳選した布を日本から輸入して、小売はもちろん、卸売りもする。 日本の伝統的な幾何学模様(青海波、矢絣、麻葉、子持吉原など)、トンボやウサギなどの昆虫・動物柄、花柄など、日本...

コウモリに会いにいく。

 夜のパリ植物園。「コウモリの晩」*に行った。まず自然史博物館内でコウモリについてミニ講義を受けたら、100人ほどの参加者は小グループに分かれ、月明かりとランプを頼りに暗がりのなかへ順次出発。ここ植物園には、親指ほどの大きさのヨーロッパアブラコウモリとクールアブラコウモリが棲息しているという。 私たちグループの案...

相撲の稽古は、 厳しく、楽しく。

アントワーヌ・マルヴィエさん Sumo-Paris主宰者  アントワーヌ・マルヴィエさん(48歳・写真左)は、フランスで唯一の相撲クラブ Paris-Sumo*の主宰者だ。《大相撲パリ公演》を偶然テレビで観たのが相撲との出会いだった。千代の富士、曙や小錦らが出場し、若・貴兄弟対決となって大いに湧いた1995年のパ...

フランスは大丈夫?ジェノバの橋が崩落とインフラ管理

8月16日付リベラシオン「ジェノバ―だれのせい?」  8月14日11時40分、イタリア・ジェノバの高架橋(高さ45m)崩落では30台余りの車やトラックが転落、死者43人、負傷者9人を出した。犠牲者には19〜22歳のフランス人旅行者4人も含まれる。  橋の近くの住宅から600人以上の住民が強制退去させらるなどの...

文化相に予備捜査開始

ニッセン文科大臣 8/23  パリ検察局は、ニッセン文化相が社長だった出版社アクト・シュッドが行政許可なく事務所の改修工事をした件で予備捜査を開始した。 この件は22日付カナール・アンシェネ紙が暴露。同社のパリ事務所は歴史的建造物に指定された18世紀築の建物内にあり、改修工事の際は歴史的建造物保護を監視する...

家族殺しにISが犯行声明

8/23  パリ郊外トラップ(イヴリーヌ県)の路上で男が母親と姉を刃物で刺殺し、通行中の男性に重傷を負わせた。男はしばらく自宅に立てこもった後に出てきて「アラーは偉大なり」と叫び、警官に抵抗したため射殺された。 この36歳の男はパリ交通公団のバスの運転手だったが、宗教的な言動のため業務に支障をきたしたとして2016...

トタル、イランから撤退

トータルの最高経営責任者パトリック・プヤンヌ氏、米TVで大企業がイランで事業を続けることの困難を語った。 8/20  イランのザンギャネ石油相は、仏石油大手トタルがイランの南パルス天然ガス田の開発契約を正式に解除したと発表した。この契約は昨年、トタルが世界最大規模の同ガス田開発の事業権益権50.1%を取得した...
article placeholder

エコロジー移行相が辞任

8/28 ユロ=エコロジー移行連帯相がラジオのインタビューで辞任を表明した。環境保護は政府の優先課題でなく、ロビー活動のため思うような政策が取れないと理由を説明。事前に大統領や首相に告知しない突然の辞任に政界が揺らいだ。電力の原発依存を50%に下げる期限の延期など政府の環境保護政策の後退で度々ユロ氏辞任は取り沙汰され...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る