米、鉄鋼追加関税を発動

6/1

 トランプ米政権は鉄鋼に25%、アルミに10%の追加関税を課す措置を発動した。EU、カナダ、メキシコに対する同日までの適用除外措置が期限切れになったため。これを受けてEU委は「完全な貿易保護主義」と非難。世界貿易機関(WTO)へ提訴し、加盟国の同意が成立し次第、米への報復関税を行うとした。カナダは130憶ドル規模の米製品への報復関税を7月1日から実施すると発表。8〜9日にカナダで開催された主要7ヵ国首脳会議(G7)でもこの問題の交渉は進展せず、米大統領はEUから輸入される自動車への追加関税をほのめかした。