援助雇用は来年20万件

ミュリエル・ペニコ労働相

9/21
フィリップ首相は政府が援助する社会参入契約は2018年度に20万件になると明らかにした。17年度は32万件。失業者の雇用を促進するために政府が援助金を出すこの雇用契約は、かかる予算の割に効果が低いとして政府が夏に減少する方針を発表し、地方自治体や市民団体の反発を招いた。首相は非商業部門の雇用は維持し、とくに若年・長期失業者の保健や福祉部門などへの援助雇用、身障者児童生徒への付き添い、海外県、過疎地を優先する方針を明らかにした。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る