富裕税改革に議論沸騰

10/4
来年度予算案に盛り込まれた富裕税(ISF)改革への批判に対し、フィリップ首相は課税対象を豪華ヨットや高級大型車などに拡大する用意があると発言した。政府原案では、不動産、金融商品、現金、動産、貴金属などに課税されていたISFを不動産富裕税(IFI)に改め、130万ユーロを超える不動産を所有する世帯にのみ課税する。ISFは35万世帯から計41億ユーロの税収があったのが、IFIになれば15万世帯の8億5千万ユーロに減る。左派や与党内からも富豪に有利すぎるとの批判が噴出したため、首相の発言となった。