2017年大統領選挙費に捜査

5/29

 レクスプレス紙は、メランション候補の2017年大統領選挙運動費に違反の疑いがあるとしてパリ検察局が4月に予備捜査を開始したと報じた。選挙会計委員会は、同候補と関係のある広報会社2社への支払いについて、1社の請求額(116万ユーロ)はマージンが大きすぎ、もう1社の請求額(44万ユーロ)はTVAを払っていないと検察に通知していた。

 一方、仏ラジオ局は6月7日、マクロン候補が集会会場2ヵ所のレンタル料に関し75%値引きサービスを受けていたと報道。パリ検察局は立件しなかったが、共和党は選挙会計委員会に提訴するとしている。