中国企業がバカラを買収

6/2
高級クリスタルグラスで有名なバカラ社は、中国の投資会社フォーチュン・ファウンテン・キャピタル(FFC)に買収されることが決まったと発表した。創業1764年のバカラ社は現在、スターウッド・キャピタル・グループなど米投資会社2社が2005年にテタンジェ一族から買収し所有しており、両者の間で合意が成立した。バカラ1株222.7ユーロで88.8%を取得し、残りは市場で買い付ける。買収価格は約1億6400万ユーロ。FFCはバカラのノウハウと社員500人を維持すると約束した。