Ovni | Numéro 832

CD : Camille “Ouï”
まっすぐ感覚に訴える「うた」

 ラジオから「私はオオカミを遠くにつれていく…川のほとりなんかにはいかない」と、歌が流れてきた。寓話的な詞、数え歌的なメロディー、一瞬ブリジット・フォンテーヌかと思ったが、カミーユ!この新作は、2005年の『Le Fil […]

Noilly Prat

ベルモット酒というとイタリアのマルティーニが名高いが、フランスには、地中海沿岸のマルセイヤンという町で作られているノワイ・プラットがある。 2種類の白ワインを別々に熟成させたあと、戸外に置いたたるの中で1年間寝かせる。そ […]

まちかど写真:真夜中のペタンク

ウルク運河  夏日になると、ウルク運河沿いは人でいっぱい。夜10時以降には、明るい街灯が点き、零時になっても、ペタンク好きたちがナイターを楽しんでいます。

バビックス新アルバムを聴く

バタクラン・テロ後遺症を克服するために この原稿を書きながら、またテロのニュース(ノートルダム寺院)が飛び込んできた。私は5月22日のマンチェスターの事件に大きな衝撃を受け本稿を書き始めたのだが、その後も毎日のように…。 […]

フランス宇宙産業

23億3千万€ フランスは通信衛星打ち上げなどの宇宙産業に力を入れていて、その開発を進めるCNES (フランス国立宇宙研究センター)への2017年度予算は23億3千万ユーロ(約2900億円)。前年より約10%増で米国に次 […]

料理がもたらす、語り合いの場。

藤枝和洋さん(37歳)  「人と話すのが上手くなくて…」と自己分析する藤枝さん。けれど、オーナーシェフを務めるその店は、おいしい料理とともに“楽しい語り合いができる場所”として、近所のパリジャンたちの間で評判になっている […]

和風パリジェンヌ:COCO子 -26-

アジサカ・コウジのマンガをもっとご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。http://www.azisaka.com/blog/

腹の虫がおさまらない

「メランションは、マルセイユっ子に見られたくて仕方がない。そのうち、ペタンクをやったり、パスティスを飲むようになるだろう。恥ずかしいことだ」   左派戦線党のジャン=リュック・メランションは、これまでの地盤だっ […]

Oumou Sangaré “Mogoya”
ビロードのようなアルトの歌声

1968年マリの首都バマコで生まれたウム・サンガレは、今ではマリにとどまらずアフリカを代表する大歌手だ。World Circuit Recordsと契約後、1993年にリリースされた”Ko Sira̶ […]

泥の巨人ゴーレム

Golem! Avatars d’une légende d’argile ゴーレムはユダヤ教の伝説に出てくる人造人間。ラビ(ユダヤの律法学者)が泥から作り、儀式を行って生命を与えた。ユダヤ社会を守る目的で作られたゴーレ […]

BICのボールペン

  フランスに住んでいてビック(BIC)のボールペンを使ったことのない人はまずいないだろう。使い捨てライター・髭剃りもフランス人にはお馴染みだが、ボールペンは子どもからお年寄りまで全フランス人が使っている(使っ […]

豚肉とナスの炒め合わせ

フランスのナスは巨大だからといって、尻込みする日本人が多いけれど、ちょっと工夫すれば、日本料理や中国料理にも十分活用できる。とはいってもなるべく小さめを選びたいものだ。 ナスは大きさ次第で1、2本、これを四つに縦に切り分 […]

ニョッキは、もちもちっとした食感がたまらない。

Gnocchi ファビオ君という料理好きのイタリア人の友だちがいて、ときどき、晩ごはんに招かれたりしたのだが、メイン前のアントレという感じで作ってもらったニョッキのおいしさが忘れられない。「食べる直前に作る。小麦粉はジャ […]

Ciao Italia!

9月10日(日)まで 1860年から1960年までにフランスに来たイタリア移民はどの地方から来て、どこに住んだのか。どんな職業に就き、フランス社会に何をもたらしたか、どんな差別を受けたのかを見せる。農業労働者、鉱山労働者 […]

映画力と音楽力が昇華する

『Song for Madagascar』  今回紹介する6月21日公開の『Songs for Madagascar』は、とても小規模な映画なので公開もとても小規模(パリで1館とか)と予測されます。なので注意してないと見 […]

「宇宙大使」ペスケさん、無事地球へ帰還。

暗闇にくっきりと浮かび上がる緑のオーロラ、幾つもの円形が幾何学模様をなすアゼルバイジャンの上空写真…。約200日間の国際宇宙ステーション(ISS)滞在中、宇宙から地球の姿を写真やビデオ、音楽クリップにしてSNSを通じて私 […]

ベルナール・ラシュス
造形作家と都市計画

8月28日(月)まで 低家賃住宅(HLM)外壁に植物のモチーフを使うなど、80年間、都市計画に関わってきた造形作家でぺイザジストのベルナール・ラシュス。展示会場となっているポンピドゥ・センターの屋上に、彼がデザインし水を […]

ボリュームたっぷりの肉料理が旨い。

 夏が近づくともっぱらの話題はバカンス。そこで旅行気分を先取りできるこんな店に出かけたい。ブラジルの炭火串焼き“シュラスコ”の肉料理と、エキゾチックな果実のデザートに定評あるレストランです。  メニューを見ると、前菜11 […]

フジタの稀少本を探して。

サビーヌ・マフルさん シャンパンと大聖堂で有名なランス市は、第一次大戦で市街地の8割以上を破壊された。米国の実業家で篤志家のカーネギー(カーネギーホールの)は、ロシアと欧州3カ国再建のために50万ドルを義援、そのうち20 […]

ル・アーヴルの夏 開港500年祭

 ル・アーヴルの町は、1517年にフランソワ1世(1494-1547)が港を造ったことから始まった。開港500年の今年は、5月27日から11月5日までイベントが目白押しだ。先月、首相に就任したエドゥアール・フィリップ前ル […]

CSAがC 8局を処罰

6/7 視聴覚高等評議会(CSA)は、カナル・プリュス系C8局のバラエティー番組「Touche pas à mon poste」の放映中と放映前後15分間にCMを流すことを禁止する処罰を下した。処罰期間は6月末までの3週 […]

Kris Kristofferson

6月25日 (日) 伝説的なカントリー歌手、クリス・クリストファーソンがパリ公演!俳優としてもペキンパーの『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』やチミノの『天国の門』では最高の演技を見せた。 19h。56.5€/67.5€ […]

労働改革ロードマップ

6/6 フィリップ首相とペニコー労働相は労働改革のロードマップを明らかにした。改革の詳細は未発表。企業ごとの労使合意優先、不当解雇賠償金の制限など労働法の改正については、9月中旬までに発布されるオルドナンス(政令)によっ […]

OVNI 832

OVNI 832 : 15/06/2017

Steven Isserlis

6月17日(土) ロンドン生まれの58歳、バロックから現代音楽まで広いレパートリーを弾いてきた名チェリスト、スティーヴン・イッサーリス。バッハの無伴奏組曲1番と6番、ロストロポーヴィチのためにブリテンが作曲した組曲3番な […]

英テロ、仏人3人犠牲に

6/3 ロンドン中心街で3人の男が車で歩行者をなぎ倒した上、通行人を刃物で刺した事件で、死者8人、負傷者48人(うち重傷15人)が出た。死者3人、負傷者8人はロンドン在住や旅行中のフランス人。現場で警察に射殺された犯人は […]

中国企業がバカラを買収

6/2 高級クリスタルグラスで有名なバカラ社は、中国の投資会社フォーチュン・ファウンテン・キャピタル(FFC)に買収されることが決まったと発表した。創業1764年のバカラ社は現在、スターウッド・キャピタル・グループなど米 […]

フェラン疑惑、予備捜査

6/1 ブレスト検察局はフェラン国土連帯相のブルターニュ・ミュチュエル(共済組合)会長時代の不動産取引疑惑について予備捜査を開始した。仏紙で疑惑の詳細が報道されたことから予備捜査開始となった。仏紙によると、フェラン氏は同 […]

政界モラル法案骨子発表

6/1 バイルー法相は政界のモラル向上を目指す法案の骨子を発表した。まず憲法改正により、ラガルド元経済相の懲罰なし有罪判決への批判を受けて、共和国法院の廃止。村を除く地方議会や国会の議員の3期連続禁止、大臣の地方自治体首 […]

バラデュール氏、被疑者に

5/29  バラデュール元首相(88)は大臣を裁く共和国法院により、公金横領隠匿・共犯罪で被疑者扱いとされた。容疑は1994年のパキスタンへの仏潜水艦3隻売却の手数料還元分から620万フランを95年の大統領選資金に充てた […]