メラの兄に懲役20年

11/02

トゥールーズなどで兵士、ユダヤ人学校の教師・生徒計7人を殺害した2012年のモハメド・メラ事件の裁判で、パリ特別重罪院は犯人の兄アブデルカデール・メラ被告 (35)に懲役20年(うち3分の2の期間は仮釈放禁止)の判決を下した。検察は事件に使われたスクーターを盗む手助けをした被告に無期懲役を求刑したが、被告は弟のテロ計画に関係したものの、直接のテロ共犯者とは判断されなかった。犯行に使われたピストルを調達したフェタ・マルキ被告(35)は懲役14年を科された。