ブランさん、スイスに到着

7/22

大麻所持のためインドネシアで14年間収監されていた仏人ミカエル・ブランさん(45)がジュネーブの空港に到着した。ブランさんは1999年末、3.8kgの大麻樹脂を所持していたためバリ島の空港で逮捕され、終身刑を言い渡された。ブランさんは友人から頼まれた荷物と証言していた。その後、2009年に恩赦により懲役20年に減刑。14年に仮釈放されたが今年の7月21日まで国外に出ることは禁止されていた。仮釈放後は、2000年から現地で減刑運動を始めた母親エレーヌさんとともに暮らしていた。