Ovni | Numéro 857

Jazz à la Villette 久々のサリフ・ケイタやフェミ・クティ!

8月30日(木)〜9月9日(日)  8月末のJazz à la Villetteでは、久しぶりのサリフ・ケイタ(8/30)が聴き逃せない。バマコのレイル・バンド時代から、その美声はますます渋く深い。今回はギターを弾きなが […]

Divins:自分好みのお得感たっぷりワインを見つける。

 パリに素晴らしいワインセラーは数多くあれど、敷居が高い店が多い。しかし、救世主的な店が現れた!オーナーのひとり、トマ・ブラヴォ=マザさんは長年ワインに携わってきたジャーナリスト。しかも彼は、有名な料理評論家の故ジャン= […]

難民を助けた人たち、無罪に。

 イタリアとの国境近くで農家を営むセドリック・エルーさんは、自分の農園内に難民を泊めていることで2017年8月に有罪判決を受けた(836号)が、他の難民支援活動家やNGOとともに「判決は憲法に適合していない」として、憲法 […]

ノルマンディーの作家と食 〈30〉

 フロベールの代表作には、まるで約束事のように大勢で食卓を囲む風景が出てくる。『ボヴァリー夫人』(1857年)では婚礼を祝う田舎の祝宴が、『感情教育』(1869年)ではパリの大画商宅での趣向を凝らした夕食が読者に深い印象 […]

マダム・キミのシルバーラウンジ2018年8月1日号

     画家のトモコさんは1945年新潟県六日町生まれ。神主だった父親はプロテスタントに改宗、神学校に通い中学校教師を辞して牧師に。父の宣教活動と共に栃木県各地で少女時代を送る。高卒後、父が作った保 […]

ブルターニュのチェコ人アーティストたち。

Artistes tchèques en Bretagne  バカンスでブルターニュに行くなら、ぜひ寄りたいのがこの博物館。カンペールの中心街にあるブルターニュ文化の博物館で、ブルターニュに滞在したチェコ人アーティストた […]

バカンスから忘れられた子どもたちの日

「海は初めて。波がおもしろい!」「ここは天国のよう。みんなハッピーで、付き添いの人たちも、とっても親切!」   Secours Populaireは、毎年8月、「バカンスから忘れられた子どもたちの日」を市民や企業の募金を […]

A la découverte des lémuriens キツネザルの日

8月18日(土)、19日(日)   ヴァンセンヌにあるパリ動物園で〈キツネザル発見の日〉。18-19日はキツネザル専門家とともに、6種のキツネザルを見て生態や食習慣などを学ぼう。16h30-17h。 サイトから登録:ww […]

Vol de nuit à bord d’un ballon
気球でパリの夜間飛行

9月1日(土)まで アンドレ=シトロエン公園では毎日9時から日没まで気球に乗ることができるが、8月の金・土は23hまで夜間飛行が楽しめる。 悪天候の場合はサイトか電話で確認を。 www.ballondeparis.com […]

干ダラ入りスクランブルエッグは代表的ポルトガル料理。

Bacalhau à Braz  ぼくは干ダラmorue(ポルトガル語で bacalhau)が大好きで、暑いときには、塩出ししてから夏野菜とともに湯がいた干ダラ入りのアイオリ、友だちが来れば、アペリティフのお供に干ダラ入 […]

Jardin d’Acclimatation 順化園、リニューアル。

Jardin d’Acclimatation  子どものいる家族にはおなじみのジャルダン・ダクリマタシオン。もとは1860年にナポレオン3世とその妻のウジェニー皇后がオープンさせた由緒ある庭園で、パリ西方のブ […]

運転しながら携帯

 今年4月にAXA Préventionが発表した数字によると、運転しながら携帯でショートメッセージを読んだり、書いて送る人は、なんと24%。その間、前方不注意が40秒近く続くため、事故率は23倍増えるという。なお運転中 […]

Classique au vert ヴァンセンの森でクラシック

 8月11日から9月2日までの毎週末、ヴァンセンヌのParc Floralでクラシック音楽。おすすめをピックアップしてみた。  12日は少女時代から天才ピアニストの呼び声が高かったヴァネッサ・ベネッリ=モーゼルと、フルニ […]

Au Pied de Fouet:パリは左岸に息づく、昔懐かしの家庭的なお店。

 ネオビストロと呼ばれる類の小洒落たお店が続々と増え、また値段も高騰し続ける昨今のパリ。昔ながらのレストランやビストロは確実に減ってきている。そんな状況のなか、7区という高級なイメージのある立地でありながら、家庭的で、そ […]

『Le Poirier Sauvage』運命から逃れられぬ人間

 前作『雪の轍』(2014)がカンヌ映画祭の最高賞パルムドールを受賞したトルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督。今年のカンヌに出品した本作もまた、相変わらずの完成度の高さだ。閑古鳥が鳴く夏の映画館で、ひとり孤独を抱きしめ向 […]

ブランさん、スイスに到着

7/22 大麻所持のためインドネシアで14年間収監されていた仏人ミカエル・ブランさん(45)がジュネーブの空港に到着した。ブランさんは1999年末、3.8kgの大麻樹脂を所持していたためバリ島の空港で逮捕され、終身刑を言 […]

生理用品に有害物質

7/19  食品環境労働衛生安全庁(ANSES)は、タンポン、ナプキンなど生理用品に有害化学物質が含まれていると警鐘を鳴らした。ANSESは欧州で使用が禁止されている農薬の成分や発がん性のある物質、内分泌かく乱物質などが […]

Fred Nardin
8月のSunsideはピアノジャズ

8月7日(火) 8月のSunsideはピアノジャズ。おすすめは、昨年ジャンゴ・ラインハルト賞を得た新人、フレッド・ナルダン。最新アルバム『Opening』は、ドラムスのレオン・パーカー、ベースのオア・ベアケットという米国 […]

Mondes tsiganes :ジプシーの世界/イメージの創作

8月26日(日)まで 旅する人々(ジプシー、ロム)のイメージが社会でどのように形成されたかを1860年から1980年までの記録写真でたどる。数カ国語を操る彼らの中にはヨーロッパからアメリカ大陸に渡った人もいた。海を越えて […]

Hiroshima-Nagasaki
広島と長崎追悼ほか

8月6日(月)〜9日(木)  ここ数年来、レピュブリック広場で行われていた、広島・長崎の原爆犠牲者追悼式は、今年はポンピドゥ・センター横の広場で行われる。 6日〜8日の10h-18h、9日は10h-12hまで。 Plac […]

Judit Reigl – 身体は最も完璧な道具であり、最も悲劇的な支障である –

8月19日(日)まで ハンガリー生まれのジュディット・レイグル(1923-)は、1956年のハンガリー革命以来国を離れ、フランスで活動。シュルレアリスムを経て、体を使ったアクションぺインティングのような抽象に向かった。実 […]

何度でも通いたい、 港町ラ・ロシェル。

 大西洋沿岸の港町ラ・ロシェルは、パリから南西へ467キロ、列車で3時間弱。水辺が恋しくなれば、週末でもすぐに出かけられる距離にある。  港にはヨットが肩を寄せ合い、カモメが優雅に旋回する。沖合にはセレブの避暑地として知 […]

OVNI 857

OVNI 857 : 01/08/2018

Service National Universel
国民奉仕、憲法記載へ

7/19  国民議会は、マクロン大統領が公約した「普遍国民奉仕(SNU)」の憲法記載を可決した。SNUの詳細は秋以降に全国の若者の意見をまとめた後に法律で規定される。 6月末に政府が明らかにした方針によると、SNUは3段 […]

テロに国の落ち度なし

7/18  パリ行政裁判所は、2015年のパリ同時テロ事件で、テロリスト監視やバタクランの警備について国の落ち度は認められないと判断した。 これはテロの犠牲者やその遺族30人ほどが起こした裁判で、イスラム過激派メンバーの […]

EU、グーグルに巨額制裁金

7/18  欧州委員会は、スマートフォンの基本ソフト「アンドロイド」に関し、グーグルがEU競争法に違反したとして43憶4千万ユーロの制裁金を科すと発表した。 アンドロイドは世界のスマホの8割に使用されている。EU委による […]

EPA – EUと日本が経済連携協定

7/17  安倍首相とユンカーEU委員長、トゥスク欧州理事会議長は経済連携協定(EPA)に調印した。EU諸国産のチーズ、ワイン、食肉などの農産品の輸入関税が段階的に引き下げられ、将来的には年10億ユーロの関税カットに。そ […]

フランス、W杯優勝

7/15  ロシアで開催されたサッカー・ワールドカップ(W杯)の決勝戦で、フランスがクロアチアを4-2で破って2度目の優勝を果たした。TF1局が放映した決勝戦の視聴率は82%(1930万人)を記録。同日夜、パリ・シャンゼ […]

モンマルトルの円形野外劇場でコンサート

8月3日(金)、10日(金)、17日(金)  モンマルトルの丘の円形野外劇場で黄昏時からクラシックコンサート。ヴァレンティーナ・ガスパリーニ率いる6人の楽団とソプラノ、ジュリア・バックマン。ヘンデル、ヴィヴァルディ、モー […]