トランプ大統領が訪仏

7/13
トランプ米大統領が就任後初めて訪仏した。マクロン大統領と会談した翌日の14日には、革命記念日の軍隊パレードを参観。米軍の第1次大戦参戦100周年を記念して米兵約150人が行進を先導した。また、16日はイスラエルのネタニヤフ首相が訪仏し、仏大統領とともに1942年のユダヤ人一斉検挙の犠牲者追悼式に参加した。マクロン大統領は1万3152人のユダヤ人検挙は仏国家の責任であると、シラク大統領以来の政府の姿勢を追認。さらに、イスラエルとパレスチナ2国家共存策の推進に仏政府が外交努力すると述べた。