ゴーン氏、東京で逮捕


11/19
 ルノー・日産・三菱自動車の会長を兼務するカルロス・ゴーン氏(64)が金融商品取引法違反の疑いにより東京で逮捕された。報酬を約50億円過小申告した疑い。22日、日産はゴーン氏の会長職を解任した。ゴーン氏は1999年にルノーから派遣されて経営難に陥った日産を再建。2016年には三菱自動車との提携をまとめて同社会長にも就任。ルノー取締役会は20日、ティエリー・ボロレ氏ら2人を会長代行としたが、ゴーン氏の会長職解任はしなかった。仏政府はルノー・日産・三菱アライアンスの存続に力を注ぐとした。