Ovni --| Numéro 864

国の建物を市が没収、市民を住まわせる モントルイユ市長の試み。

マフェを配るボランティアの人たち  パリ郊外のモントルイユ市バラ通りにある国の建物「バラのフォワイエ(移民用宿舎)」の住人はほとんどがマリ人の男性。老朽化し、住める状態でないことは前から指摘されていた。あまりのひどさに、パトリス・べサック市長は、9月26日、2015年から空き家になっていた別の国有の建物を没収し、急...

マダム・キミのシルバーラウンジ2018年12月1日号

 造形作家の嘉野稔氏は1930年、奄美大島生まれ、7歳の時、1人娘しかいない祖母の養子になる。芸大卒後、政府留学生として57年に渡仏し、国際大学都市日本館に入る。ロマネスク彫刻に心酔し、創作を続け、2007年にパリ郊外で亡くなった。未亡人のミサワさんは85歳。日本テレビの留学資金で渡仏した。日本語を教え、仏ラジオの日...

辻井伸行、パリのシャンゼリゼ劇場リサイタル。

12月17日(月)  昨年、デビュー10周年を記念する初のフルサイズのリサイタルでシャンゼリゼ劇場を沸かせた辻井伸行が、パリに再来。今年はサティ、ドビュッシー、ラヴェルなどのフランス音楽を中心、に彼が敬愛するショパン「スケルツォ」全曲を演奏する。20時から。 ...

ノエルのごちそうにホタテ貝のグラタン。

Gratin de coquilles Saint-Jacques  オーブンで焼くホタテ貝のグラタンの欠点は、どうしても貝柱に火が通りすぎてしまうこと。そこで今回は折り込みパイ生地で覆って焼いてみた。  魚屋が貝柱とオレンジ色の卵巣corailを殻からはずしくれるけれど、くぼんだ方の殻とひもbarbeも忘れずに持ち...

Julien Dechenaud|プラリネが格別。大注目の若手ショコラティエ。

若手筆頭株のショコラティエといえば、J=P・エヴァン、 P ・ロジェ、A・デュカスなどで腕を磨き、昨年11月パリ郊外ヴァンセンヌ城近くに店をオープンしたジュリアン・ドゥシュノーさん。彼の店では、買いやすい価格帯ものが多く、化粧箱に入ったボンボンショコラも11€から見つかるから、贈り物が必要なこの季節、大いに活用した...

Salon des Beaux-Arts サロン・デ・ボザール

12月13日(木)〜16日(日)  150年の歴史を誇る現代アート展。600人のアーティストの絵画、彫刻、版画、写真が一堂に並ぶ。写真家・髙橋良彰の作品は10mの壁面に特別展示。入場無料。 13日・15日 10h-22h、 14日 12h-19h、 16日10h-18h ...

ノルマンディーの作家と食〈34〉

 フランス文学を代表する作家であるフロベールは、50代半ばで経済的に苦しい生活を強いられるようになった。そんな事情について、師であり友人である作家のジョルジュ・サンドに宛てて1875年の8月にこんな手紙を書いている。 「伝えるには悲しすぎることがあったので、手紙を書けないでいました!(中略)――よく見積もっても、慎ま...

Soprano, Nolwenn おすすめCD。

(写真左から)ソプラノ Universal/15€前後/ノルウェン Rec.118/15€前後  10月から11月にかけてシャンソンやフレンチポップスの歌手たちが、ノエル目当てか新アルバムを出す。  ラップの売れっ子だったソプラノも、もうすぐ40歳。前作の 『L’Everest』はソウルやライの影響を受けた本格的な...

Domaine de la Paonnerie カロジェさんのワイン試飲即売会

 ロワール川沿いにあるDomaine de la Paonnerieではカロジェ一家が素晴らしいナチュラルワインを作っている。白は、海の幸向きのムスカデ、手の込んだ魚料理に合うまろやかなアンジュー…。赤は、フルーティでいてコクのあるガメー、肉のローストにふさわしいアンジュー・ヴィラージュなど、エスパス・ジャポンで試飲...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る