オルリー空港でテロ

3/18
オルリー空港南ターミナルで兵士を襲った男が射殺される事件が起きた。この男ジエッド・ベン・ベルガセム(39)は早朝にパリ北郊外で警官をピストルで殴って逃走し、盗難車でオルリー空港へ。そこで「自分はアラーのために死ぬ」と叫んでテロ警戒巡回中の兵士の銃を奪ったが、他の兵士に射殺された。犯人はテロ予備軍としてマークされていなかったが、刑務所(2011〜12年)で過激化したとみられる。解剖の結果、アルコールと麻薬を摂取していたことが判明。銃器を供給したとされる男性2人が25日に逮捕された。