UBSに罰金37億ユーロ

2/20
 パリ軽罪裁判所は2004~12年にフランス人納税者の脱税の手助けをしたとして、スイスUBS銀行に37億ユーロの罰金を言い渡した。

組織立った脱税システムを構築し、重大な不正を犯したと判断され、フランス史上最高の罰金額となった。仏国家への損害賠償として8億ユーロの支払いも命じられたため、UBSの支払い額は45億ユーロに。UBSは控訴する意向だ。

このUBS関係の脱税では、仏人顧客4千人がすでに追徴金を払っているが、国庫への損害額は計230億ユーロに上ると推計される。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る