NDDL占拠者が歩み寄り

ノートルダム・デ・ランド空港の旧建設予定地の占拠者との会合の後で、会見するユロ環境相(左)。

4/20
 ノートルダム・デ・ランド空港の旧建設予定地の占拠者代表が、国の求めに応じて、28の農業、12の工芸・商業計画をペイ・ド・ラ・ロワール地域圏知事に提出した。

 旧建設予定地では9~12日に憲兵隊による強制排除が実施されたが、占拠者との衝突で多数の負傷者が出たため、マクロン大統領は15日、事業計画を23日までに提出しなければ強制排除を続行すると通告。占拠者は地域圏知事との話合いで事業計画の提出に合意したが、既存の法規内で活動することが難しい面も強調している。