Ovni --| Numéro 894

Navigo 払い戻し開始。

 パリ首都圏公共交通機関の定期「ナヴィゴ」の4月分、5月1日〜10日までの料金が払い戻しに。1年間分の定期を買ってある人、月ごとに買っている人には100€の払い戻し。62歳以上のためのNavigo senior(37.60€)、12〜26歳の学生用ImagineR(38€)を買っている人には50€が、払い戻し...

フランスの国民的コミック

小柄で賢く機敏なガリア人アステリックスが主人公の『Asterix』シリーズは、ストーリー担当のルネ・ゴシニと作画のアルベール・ユデルゾによって1959年に生まれた。ゴシニは1977年に、ユデルゾも今年の3月24日に亡くなった。このフランスの国民的コミック、これまでにエスペラント語やラテン語も含め 111ヵ国語...

医師や看護師たちの心を代弁

19世紀半ば、クリミア戦争の傷病兵たちに献身的な看護を尽くしたナイチンゲールのひと言。感染のおそれにもかかわらず、コロナウイルス患者の治療や看護にあたっている医師や看護師たちの心を代弁しているといえるだろう。 ...
article placeholder

Obsèques : nouveaux règles

葬儀場の混雑を避けるため、また感染がおさまる頃に葬儀をしたい遺族のために新しい葬儀の規則。埋葬または火葬は死亡後6日〜21日先に延ばすことができる。地域圏知事の承諾があり棺が密封されたものなら6カ月まで延期可。今までは遺体を(Covid19が死因の人は)即座に、亡くなった場所で入棺しなければならなかったが、新しい規則...

豚の肩ロースと今が旬の新ニンジンを煮込んでみた。

Sauté de porc aux carottes nouvelles  3月15日号で、牛肉の中でも一番安いあばら肉を使ったレシピを書いたけれど、ほかにも安上がりな肉料理はないかしら、という読者のために、キロ10€前後の豚肉の肩ロースéchineとニンジンの煮込みを紹介したい。肩ロースはかたまりのま...

コロナ打撃の映画界、特例措置で新作もVOD配信可能に。

Cinéma au temps du corona ©️ Shellac distribution  自宅待機は5月11日まで延長された。とはいえ映画館の再開はいつになるか、先が見えない状況だ。映画業界が打撃を受けるなか、国立映画センター(CNC)は特例措置を発動へ。公開中止となったり公開を目前に控えてい...

エビしんじょの吸いもの

 前回の「ふつ・わ」では、冷凍エビを使ってエビ入り揚げワンタンを作って好評だった。今回は、同じく冷凍エビを使ってエビしんじょを作り、春らしい色合いの吸いものです。  クルジェットは縦に四つに切り分けてから薄く切る。エビは殻をむいてから、包丁でたたいて、小さなかたまりが残っているようなミンチ状にし、ボウル...
article placeholder

Voyage international depuis l’étranger vers la France métropolitaine

外国からフランス本土へ入国する人は、渡航の目的を明記した「国際特例移動証明書」が必要に。交通機関利用時や、国境での書類審査の際に提示。同様に、外国およびフランス本土からフランス海外県・海外領土に渡航する際にも書類が必要に。内務省のページからダウンロード可能。英語版も。www.interieur.gouv.fr/Act...

#RestezChezVous オルセーで観るはずだったJ・ティソ展を家で楽しむ。

「James Tissot - L'étoffe d'un peintre」より  オルセー美術館が閉鎖中でジェームズ・ティソ(1836-1902)展を観られないので、アルテ局のドキュメンタリー番組で作品と人物を紹介したい。ティソは生地商人の父、帽子などを作るデザイナーを母にナントで生まれた。パリの美術学校で学...

コロナ禍で生まれた「助け合い」に参加してみる。

Solidaires contre Covid-19 「Solidarité 連帯」、「Entreaide 助け合い」。コロナがフランスで猛威を振るうなか、さまざまなイニシアティブが生まれた。住んでいる建物の隣人の買物の手伝いから農業の手伝いまで、衛生面に留意しながら社会貢献したい人のための情報コーナ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る