Ovni --| Numéro 848

子牛のレバーの刺身

子牛のレバーはキロ30ユーロ以上と、子牛のロースやもも肉より値段が張るのは、それだけ大切にされているからだ。フランス人は、フライパンでさっと焼いて、ニンニク、パセリ入りのソースで食べることが多い。その高級レバーを使って、刺身を作ってみよう。 レバーを冷水にとって、さっと表面を洗ったら、キッチンペーパーで丁寧に水気をぬ...

Pablo Moses
モーゼス、新アルバムとパリ公演

3月29日(木)  80年代初頭に、ささやくような明るい歌声にラスタの魂がビートする『A Song』や『Pave The Way』など名盤をたて続けに出したモーゼス。当時バタクランで聴き、ひょうひょうとし、かつ真摯な舞台に大感動!昨年『The Itinuation』という新アルバムを出してパリ公演。69歳の今も元...

まちかど写真2018.3.11

福島原発事故から7年の今年は、政治運動「服従しないフランス」が脱原発に関する市民投票を行うなど、広場は、地球の将来を真剣に考える人々で埋まりました。 ...

パリ左岸、新デジタル地区を歩く。

Paris Rive Gauche, le quartier numérique ! 旧駅舎を全面的にリノベーションしたStation Fは、全長310m(横倒しにしたエッフェル塔くらい)・横幅58m・最大収容人数9千人。 パリ左岸、13区。今そのセーヌ川沿いの一角が、都市開発プロジェクト Paris Riv...

東京で、 一番ステキな ブーランジュリーにします。

リベルテのパリ本店で。 ミカエル・ベニシューさん  パリ10区、サン・マルタン運河地区の人気パティスリー・ブーランジュリーLIBERTÉの東京店が、3月24日にオープンする。オーナーはミカエル・ベニシューさん。まだ35歳という、若き実業家である。  ミカエルさんはミラノの大学でビジネスの学位を修めた後、国際...

CD”J’aime pas la chanson” ジュリエットの知的で諧謔的なおしゃべり

Universal / 16€ 前後。 ジュリエットの新アルバムが出た。ずっとジュリエットをフォローしてきた友人は「初期の超美声とパワーがなくなり、ステージではおしゃべりが多い」。とはいえ正統的なシャンソン歌手の声。ピアノは一音一音に表情があり、ユーモアがこぼれる落ちるような歌詞は、彼女の知的で諧謔的なおしゃべ...

3つの国の文化が香る 自分らしい料理を求めて。

JAYさん(39歳)  日本人の父と韓国人の母を持つJAYさん。小さい頃から家庭の食卓には和食と韓国料理が並び、2つの祖国の味に慣れ親しんできた。高校までは韓国のソウルで育ち、その後東京の音響専門学校へ。本当は料理を学びたかったが、両親の反対にあったためひとまず学校を卒業し、音響の技術者として働いた。  料理を...

SNCF改革 – 赤字体質に大きなメスが入るか?

*2月26日付リベラシオン「鉄道の新たな戦い」 フィリップ首相は2月26日、仏国鉄(SNCF)改革に関する政府方針を発表するとともに、改革をオルドナンス(政令)によって行うとした。「国鉄職員」という資格の廃止に強く反発する労組は改革が国鉄の民営化につながるなどとして、強硬な抗議姿勢を打ち出している。 政府の諮...

よむたび。〈6〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 雷雨にさらされて(仮題) 』L'oragé 著 ドゥナ・ルー / Mercure de France社   マダガスカル、ふたりの詩人。 「エステール、君はマダガスカル語の詩について語ることができると思うのかい?そんなものは本来存在しないんだ、それは底のない袋だ…それについて何が言えるというん...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る