Ovni | Numéro 760

Vide-greniers(フリーマーケット)

4/6 : Av. de Laumière 19e         Rue des Grands Moulins

「トンニプマンセー! 独立万歳!」

Châteaudun通りにある「大韓民国臨時政府代表部跡」のプレ−ト。 —95年前の密使—  日本からの独立を目指し、約5万2千人の死傷者と4万6900人の検挙者を出した1919年の「三・一独立運動」。当時、 […]

大気汚染対策に 運転制限日設定は有効か!

 昨年末、フランス環境相は、大気汚染対策として「2014年度より、汚染度が高い日は自動車運転制限日を設け、2台に1台の車を走行禁止」という法案を打ち出した。  実はこの政策は、過去に1回施行されている。1997年10月1 […]

Mi-Carême(洗濯女たちのカーニバル)

 Carême四旬節とは、キリストが復活祭まで40日間断食した改悛期間を指す。今年は謝肉祭(3/4)翌日から40日間。その中間Mi-Carêmeに各地でカーニバル。パリでは18世紀から洗濯女たちの […]

体の不思議に入り込む本

Usborne 9.95€  今回は、科学産業博物館の『La Voix, l’expo qui vous parle』展に足を運んだので、体の不思議に入り込む本を選んでみた。 ①Fenêtre s […]

Art Paris Art Fair(アートフェア)

 フランスの中国承認50周年を記念し、中国の画廊を含む計144画廊が出品。 3月27日〜30日。22€/学生12€。 グランパレ

デュマ、食の物語 -11-

 デュマが歴史家のオーギュスト・マケと執筆した『王妃マルゴ』、『モンソローの奥方』、『四十五人』は、フランス16世紀後半が舞台の三部作。モンソロー夫人をめぐるラブストーリーに復しゅう劇が絡み合い、情熱あふれるヒューマンド […]

理想よりも幸せな生活

お店はこの4月でオープンから10周年を迎える ◎田中裕子(パリ7年)  1990年、大手企業で働いていた田中さんは、あるとき、「安定した職で、先も見えていた」生活がいやになった。「別のことをできるのでは、という自分への期 […]

今が食べどき●comté, beaufort

 チーズにもそれぞれ食べごろのシーズンがあるというと、ビックリする人がいるかもしれない。最近は生乳だけではなく、保存がきく殺菌乳でもチーズを作るようになっているので、ほとんどのチーズが年中食べられるようになっている。けれ […]

フランスと欧州、出向労働乱用の規制へ

 3月5日、欧州連合(EU)加盟国と欧州議会との間で域内出向労働の乱用に対する措置に関して基本合意が成った。建設業において出向労働乱用の監督を強化し、下請会社の出向労働者を受け入れる企業を指導するというものだ。しかし、欧 […]

鶏肉の煮込み、チョコレート風味

 メキシコの大学で教えている友人のMさんが、「鶏肉のチョコレートソースはとってもおいしいよ!」と言う。そこで異国料理第2弾は、まだ未知の、メキシコ風鶏肉のチョコレート風味と思い立った。チョコレートソースのレシピを探し出し […]

皇后ジョゼフィーヌ没後200年記念展

 マルティニーク島出身のジェゼフィーヌ・ド・ボアルネ(1763-1814)はボアルネ子爵と離婚後、子爵が死去し「陽気な未亡人」に。6歳下のナポレオンに見初められ1796年に結婚。彼女には息子ウジェーヌと娘オルタンスがいた […]

「声」ってなあに?

一度はやってみたかった ラジオのDJ体験ができる。  「おぎゃあ」と泣いてこの世に生を受けて以来、「声」は、私たちの大事な感情表現であり、意志伝達の手段。そしておそらくは人類最古の楽器でもある。ラ・ヴィレットの […]

アトランさやか『パリのアパルトマンから』

 フランス生活、パリ生活になじめない日本人が多い。「フランス人は自己中心的」、「謝らない」、「仕事熱心でない」とぐちが絶えない。一理あるけれど、そんなにいつも肩を怒らしていては疲れるだろうな、パリ生活だって楽しいのになあ […]

フリーマケット〈Vide-greniers〉

3/22 : Av. du Général Leclerc 14e/             Place

衝撃! 食の世界観が変わる 素材活かしのガストロノミー。

 ロジエ通りと交差する小道に、ガラス越しに立派な野菜をごろごろ陳列する面白いたたずまいの店を発見した。Miznonは、ヘブライ語でビュッフェを意味する。シェフはイスラエルのテルアビブ出身だ。  店に入るとすぐ厨房で、調理 […]

強制移民させられた孤児たち。

 1960年代から70年代にかけて、孤児1615人が、インド洋に浮かぶレユニオン島から強制的にフランス本土に移送され、労働を強いられた。2月18日、国民議会はこの過去の政策の道徳的責任を認め、元孤児たちが人生を立て直せる […]

見本市

〈Salon Vivre Autrement  エコロジー〉 3/21-24 : Parc Floral de Paris 12e

メタルを聴きながら最上のステーキを食らう。

 手軽でおいしい食事や、夜10時以降のしっかりした食事が意外に難しいのがパリの中心地。そこで登場がこのBlack dogです。一見してメタル好きがたむろすバーで、カウンターでは長髪にタトゥーの屈強なバーマンがビールをサー […]

パリ・ポエティック!

Assis sur la fleur Le bouddha qui nous regarde On dirait qu’il vole 花に座し

現代デッサン見本市 〈Drowing Now 2014〉

 3区の2会場で87画廊が若手作家やここ50年の作品を紹介。16€/9€。 Carreau du Temple : 4 rue Eugène Spuller Espace Commi […]

映画『ギヨーム』、セザール5冠に

 第39回セザール仏映画賞が2月28日に発表され、ギヨーム・ガリエンヌ監督・主演の長編映画『Les Garçons et Guillaume, à table!』が作品賞、初作品賞、男優賞、脚 […]

フランス初の人工心臓移植患者、死亡

 パリの欧州ジョルジュ=ポンピドゥ病院は3月3日、人工心臓を移植した最初の患者(76)が2日に亡くなったと明らかにした。患者は末期の心不全の男性で、昨年12月18日に仏バイオメディカル企業、カルマ社製の人工心臓の移植手術 […]

日曜大工店の日曜営業を許可へ

 日曜大工店の日曜営業を許可するデクレが3月8日に官報に掲載された。このデクレは、2015年6月までの暫定措置として日曜大工店の日曜営業を認めるとした2013年12月30日付デクレに代わるもの。前回のデクレは、日曜営業に […]

OVNI 760

OVNI 760 : 15/03/2014 ダウンロード

旧ルジャビの2社が倒産の危機に

 高級ランジェリーのルジャビ社の2011年の倒産に伴い、事業を受け継いだモネット社は3月7日に倒産。レザトリエール協同組合は同日に倒産手続きをするはずだったが、経済省との協議の結果、広く国民に資金援助を呼びかけることにな […]

サルコジ氏と側近の会話録音が暴露される

 3月4~5日に風刺紙カナール・アンシェネとニュース専門サイト「アトランティコ」に、サルコジ前大統領と側近の間の会話が掲載され、物議をかもしている。この会話は2011年2月末に前大統領顧問パトリック・ビュイソン氏がボイス […]

混迷のウクライナ。

2月22日付リベラシオン紙。  ウクライナの首都キエフで昨年11月、ヤヌコビッチ大統領が欧州連合との政治・貿易協定を拒否したことで、親欧勢力が反政府運動を開始した。親ロ同大統領・汚職排撃の暴動が続き、鎮圧隊と大統領支持の […]

コペUMP総裁に党会計不透明疑惑

 2月27日付ル・ポワン誌に、ジャン=フランソワ・コペ民衆運動連合(UMP)総裁をめぐる党会計不透明疑惑が掲載され、問題になっている。同誌によると、コペ氏の予算相時代の顧問だったバスティアン・ミヨ氏とギイ・アルヴ氏が設立 […]