Ovni --| Numéro 674

anchois

anchoisはカタクチイワシ類の、大きくなっても20センチくらいにしかならない魚。地中海、大西洋の沿岸で漁獲される。イワシより細長く、下あごの上方に鼻面が突き出している。時々キラキラ輝くような活きのいいものが魚屋に並ぶことがあるが(揚げたりマリネにするとうまい!)、ふつうは塩漬けにされ缶詰や瓶詰めになる。塩漬けに...

2週間のニュース

●大統領夫妻に関する噂問題で大騒動 サルコジ大統領夫妻が不仲だとする噂が司法捜査にまで発展し、問題になっている。3月9日にジュルナル・デュ・ディマンシュ紙(JDD)ネット版のブログにこの噂が掲載され、世界各国のメディアで大々的に報じられた。JDDは、25日にネット版JDDを運営するニュースウェブ社幹部と、噂をブログに書...

anchoyade

アンチョビーをペースト状にしたcrème d'anchoisは、スーパーなどで瓶詰めやチューブ入りになって販売されている。これを使って、プロヴァンス地方の人たちの好物、アンショワヤードを作ってみよう。アンチョビーペーストを小さめのボウルにとり、ここへ押しつぶしてからきめ細かくきざんだニンニク適量を混ぜ入れ、オリーブ...

神父の小児性愛問題。

 昨年暮れ、アイルランド警察の報告により、70年代から2000年まで30年間、同国のカトリック神父ら数千人が約14 500人の少年に小児性愛行為を犯したこと、それらを教会が隠蔽してきたことがわかり、欧米諸国のカトリック界に連鎖的に火がつく。 米国では02年、ボストン司教区の神父80人が60~70年代に犯した小児性愛罪で...

ニース風ピッツアはタマネギの甘みが大切だ。

Pissaladiere 編集部にプロヴァンス出身の友人が、ピッサラディエールpissaladièreと呼ばれるニース風のピッツアを持ってきてくれた。たっぷりのタマネギとアンチョビー、そしてカリッとしていながら柔らかい皮に感心したら、「皮も手作りさ」と胸を張った。さっそく作り方を教わったので紹介しよう。 ま...

まま母候補にひそかな対抗心?

 奥手なジルに新しい彼女ができた。だからミラもジルの彼女マイウェンに遊んでもらう機会が増えた。今ではミラはパパとママの家が別々に存在し、それぞれ違う生活があるという現実もそれなりに受け入れているようだ。「パリのカップル離婚率は5割」と聞いたことがあるが、周りでも離婚家庭の子は決して珍しくない。そんな子供たちの間では、余...

Djibril Bodian─パリで一番おいしいバゲットパンを作る。

  3月22日、パリ市主催の恒例〈パリで一番おいしいバゲット〉コンクールでグランプリに輝いたのは、アベス通りの〈Grenier à pain〉で12年前からパンを作り続けているジブリル・ボディアンさん(33)。このコンクールに5回目の参加だったが、162人のパン職人と競っての栄誉で、4000ユー...

産休が終わってしまうその前に…

 可愛いべべは3カ月。それは同時に、働くママにとって産休明けの時となる。今回は、授乳と職場復帰、複雑化する育児休業制度の絡みを解いてみたいと思う。   まずは産休。子供の数や母親の業種によっても変わってくるが、法律で定められた産休は16週間。産前に6週、産後に10週間取るのが一般的で、この期間の給与は医療保険によって支...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る