2週間の数字

13.4%
 フランスでは月908€以下で生活している人は貧困者とみなされる。フランスの人口の13.4%に当たる800万人がこのカテゴリーに属する。最低賃金は現在手取りで月1055.42€、この貧困者ラインをわずかに上回っている。

37€
 最近IFOPが行った世論調査によると、フランス人がふだん身につけている現金の額は、平均一人37€。65歳以上になると平均59€。35歳以下は平均20€。全く現金を持ち歩かない人は5%。

116 500€
 3月末にマルチニークで開催されたハイチ支援国際会議に出席するために、アラン・ジョワヤンデ国際協力担当相は、コンサルタント2人、護衛1人とともに、民間経営の14人乗りジェット機を利用した。その経費がなんと11万6500万€(約1500万円)で、予算の引き締めが重要視されている現在だけに批判を浴びた。「国際協力担当相は、半額以下ですむ国に属するジェット機に空きがなかったというが、それは事実に反する」とルネ・ドジエール社会党国民議会議員。