Ovni | Numéro 653

ガンバレ、ルイ・ヴィトン。

 最近デパートやブティックに50%~70%引きと大きく表示されている。「ソルド」は夏冬の2回だけでは ?  と思っていたが、じつは今年からその期間が年に6週間から5週間に短縮された代わりに、適時(定例バーゲンの […]

1911~14年ころの作品が好き。 “Kandinsky, 1866-1944”

 カンディンスキーの作品は何度も見てきたが、この大回顧展を見て、これまで把握していたものがいかに断片的かを痛感した。年代を追って見ていって初めてわかったことが多い。収穫である。ポンピドゥ・センター、ミュンヘンのレンバッハ […]

アスパラガスを軽いマヨネーズで

 アスパラは、根元4、5センチほどの固いところは切り取る。さらに皮むきナイフで、中央から根の方に向けてさっと筋っぽい外側をむきとるところまでは 上のレシピ通り。鍋に水をたっぷりとり、パスタをゆでる時のような加減に塩を加え […]

アスパラガスのかき揚げ

 今回のレシピで、「アスパラは、根元4、5センチほどの固いところは切り取る」と書いたけれど、その切り取ったところを捨ててはいけません。端の固いところを切り落としたら、皮むきcouteau économe で […]

St-Francois Xavier 駅界隈(7区)

果樹がいっぱいの公園と異色の映画館。一風違った雰囲気を味わう。  サン・フランソワ・グザヴィエ駅(13号線)周辺で知られた建物といえば、映画館〈ラ・パゴド〉。この神社仏閣風の建物は、1895年にボン・マルシェ百貨店取締役 […]

『肛門交響曲集』 Anal Symphonies

 またまた640号で取り上げたヴィレム。ごめんなさい。でも好きだからしょうがない。プレゼントにもらったばかりの『肛門交響曲集』は、人間が所有する穴たちの可能性についてつくづく考えさせられる! 快感、時には悪感と共に慣れ親 […]

小イカ料理

 今回のレシピ、小イカのワタをのぞいたけれど、ワタごと、という料理を紹介。小イカの透明な骨と目、そしてトンビといわれる小さく固いくちばしをのぞいたら、全体をワタごとざくざくと1センチ幅くらいに切り分け、白ワインを振ってし […]

★★★ La Grande Sophie

 1.78メートルの身長にがっちりした体格。自作自演女性歌手のラ・グランド・ソフィーは、アナイスと同様、ちょっと男性的な雰囲気で若い女性の間でも人気抜群。昨年まではソロで歌っていたが、1月のアルハンブラ公演ではギターを弾 […]

2週間の数字

50%オバマ米大統領が欧州訪問の際に、トルコがEUに加盟することを支持すると発言し、サルコジ大統領やメルケル独首相に反論されたことは耳新しい。4月8日から9日にかけて、CSAがフランス人1000人を対象に行った世論調査に […]

Wakamatsu Koji

Wakamatsu Kôji est un cinéaste atypique dont l’œuvre a été intimement l […]

過ちを正そうとする 人間の姿に感動。 “Nos enfants nous accuseront”

 この作品は、公開から既に25週も経っているので、上映館も1館だったりするのですが、口コミで超ロングランになっているのです。ジャン=ポール・ジョー監督『Nos enfants nous accuseront  […]

マシュマロを食べると背が伸びるって本当? 

 健康と美容が生活の中で重要な位置を占めるようになり、ちょっとしたことなら美容整形で簡単に変えられる今の時代。でも成年になったら絶対に(あるいはほとんど)変えられないものといえば、身長。 一般的に、ラテン民族は背が低く、 […]

Damien (25) / Eijiro (32) 「書類を渡しておしまいの パクスには、心底がっかり」

 「家族にカミングアウトしたのは、パリに旅立つ直前だった」 出会いは6年前の5月のパリ。当時、演劇青年だった二人は、すぐに意気投合。12月にはスピード婚ならぬ、スピードPACS(市民連帯協約)を結ぶ。栄二郎さん […]

Rouget barbet à la vapeur

Le rouget barbet n’est peut-être pas aussi populaire au Japon qu’en France, mais sa

労働者の怒りは増すばかり。

 今年のメーデーは労働者の怒りが爆発しそうな気配だ。昨年秋から生産現場の一時稼動停止、再編計画、雇用削減が多数の企業で始まり、雇用を脅かされた労働者たちの不満は、この数カ月来、経営者の監禁(ソニー、キャタピラー、モレック […]

今月の展覧会情報

●Filippo et Filippino Lippi – La Renaissance à Prato  ルネサンス期に、トスカーナのプラートで制作したリッピ親子と、同時代の周辺の作品約50点 […]

のみの市、イベント情報

●公園がアメリカンムードに溢れるアメリカンスポーツの中でもアクロバチック・バスケットボールは必見の価値あり。ブローニュのアクリマタシオン公園(M°Sablons)で5月10日迄の土日月11h-18h、スケートボー […]

リスクを恐れずに、作家映画を擁護していきたい。

●仏独共同出資のテレビ局アルテの映画部門責任者にインタビュー 私たちが作家性の強い映画作品を享受できるのは、骨太テレビ局アルテARTE(www.arte.tv/fr)の影なる力が大きい。他局にくらべ映画への出資額は少なめ […]

2週間のニュース

●選挙区割り改変はUMPに有利 オブリ社会党第一書記は4月14日、選挙区の区割り改変の政府案を国会で厳しく批判した。第一書記は、改変される33選挙区のうち、23が左派の強い選挙区で、10が右派の強い選挙区であり、改変後は […]

小イカとアスパラガスの入ったペンネ。 Penne aux calmars et aux asperges

 カルマールcalmar、あるいはバスク地方ではシピロンchipironと呼ばれている小イカが、今とてもおいしい。値段もキロ7ユーロ前後と手ごろ。4人分として600から800グラムくらい買ってくる。褐色の皮が鮮やかで透明 […]

サルコジ大統領の問題発言

 「サパテロ(スペイン首相)は、それほど頭がよくない。(スペインに)とても頭のいい人もいたが、決選投票の前に姿を消してしまった」。「アンゲラ・メルケル(ドイツ首相)が自国の銀行や自動車産業の危機にようやく気がついた時、彼 […]

フィンランド食品店★★★ Kiva

 15区の区役所近くにオープンしたばかりのフィンランド食品店。フィンランドは、もともとサーモンなど日本人好みの食材が多いし、旅行したことがある人や、映画「かもめ食堂」を観てフィンランドへ行きたいなぁなんて思った人なら、手 […]

Maria Luisa — 店員の笑顔がこぼれ、客の心が躍るピッツェリア。

 サンマルタン運河近く、Marie et Louise通りをそのままイタリア名にした、ここ〈Maria Luisa〉は、パスタも肉魚料理もない、ピザだけで勝負する潔さが小気味よく、Pizzeriaと呼ぶにふさわしい。ナポ […]

SOCIETE : Une colere sourde envahit la jeunesse nippone

Tandis que certains responsables politiques français évoquent le “risque révolution […]

Guardamunt 55′

 『春の祭典』の踊りで20世紀バレエの軌跡を敷いたニジンスキー。1919年1月から精神分裂の症状がひどくなり精神病院に入院し、1950年に亡くなるまで病院を転々、再び踊ることはなかった。病院に入る直前、スイスのガドラムン […]

L’Ingénu

photo : Lot 真っ暗な舞台の中、「ちぇっ、壊れちまった」とつぶやく男に「おい照明係! 登場人物ひとりひとりにちゃんと光を当ててくれなきゃ困るよ!」と難癖をつける演出家は、最後の通し稽古に真剣な表情。こうしてヴォ […]

17区の広場に、 巨大な鉄の輪のオブジェ。

 17区Général-Catroux広場に巨大な鉄輪のオブジェ〈Fer(鉄)〉が設置された。高さ5メートル、重さ5トンずつの鉄製の輪が二つ。奴隷の腕輪を形どったもので、トマ・アレクサンドル・ […]

RENCONTRE : WAKAMATSU KÔJI, CINÉASTE, RÉALISATEUR DE UNITED RED ARMY

Qu’est-ce qui vous a amené à réaliser United Red Army  ? W. K. :

小イカとアスパラガスの入ったペンネ。

 カルマールcalmar、あるいはバスク地方ではシピロンchipironと呼ばれている小イカが、今とてもおいしい。値段もキロ7ユーロ前後と手ごろ。4人分として600から800グラムくらい買ってくる。褐色の皮が鮮やかで透明 […]