Ovni --| Numéro 413

article placeholder

保守陣営は、極右FN党の甘い誘いで分裂寸前になってしまった。

 3月21日、日刊紙 "リベラシオン" の表紙に「HONTE ! 恥辱」という一語が大きく掲載された。  というのも、その前日、地域圏会の議長選挙がおこなわれたが、ピカルディー、ブルゴーニュ、ローヌ・アルプなどの 5地方で、極右の国民戦線党 FNの票が保守連合に投じられ、その...
article placeholder

最新映画情報

● JUNK MAIL  郵便局で働くロイは配達の途中に見つけた鍵でリンのアパートに忍び込む。内緒で作った合鍵でアパートに通ううちに、次第にリンに惹かれていくロイは、彼女が三面記事を飾った暴力事件に巻き込まれていることを知る。  オスロへ観光に行ってもたぶん足を...
article placeholder

女性の体の悩みに答えたい。

異国で生活していると、体の様々な悩みを相談できる相手がいなくて、不安な思いをすることがある。そんな悩みに、医者として、そして女性の立場から相談にのってくれる一人の女医さんがいる。 庄野マリさんは、96年にパリに来て以来、専門家のアドバイスを求めて彼女を頼ってくる女性の多さを実感し、無料の電話相談を始めた。新聞に出した...
article placeholder

新しいアングルで民俗音楽を聴く。 SATELLIT CAFE

 最近はやりのカフェが次々とオープンしているオベルカンフ通り近くに、面白いコンサートの聴ける音楽カフェがある。「パリで世界中の民俗音楽のライブが聴けるのはサテリット・カフェ、と言われるようになりたい」とプログラム担当のフランソワーズさん。彼女の理想は、このスペースが、ミュージシャンにとっては自分の家...
article placeholder

この「おんぶ布」なら6歳くらいまで背負えるのよ。

 ふくよかなお母さんの背中は気持ちよさそう。アフリカ系の女性が布に子供をくるんで背負う姿をよく見かけます。きょうはこの「おんぶ布」の正体をつきとめにバルベスへ。  ところが「おんぶ布」というのは存在しなかった。適当な布を適当な大きさの四角に切るだけの、まつり縫いも省いた風呂敷。実際、子どもだけでなく荷物...
article placeholder

OVNI 413 : 1998/4/1

■保守派地盤に "強震" のヒビ割れ  3/15日の地域圏会 (Conseil regional) 議員選挙は、セガンRPR総裁の言うように保守陣営に "強震"をもたらした。22地域圏のうち10地域圏で左右が逆転し、保守派票のかなりが極右 FN党と少数政党に拡散。FN党はイル・ド・フランス、プロヴァンス...
article placeholder

干ダラの焼きものと馬鹿にしてはいけない。

MORUE A LA SAUCE DE FETA パリ郊外、人口5万人の僕らの町には魚屋がない。木曜と土曜の朝市には魚屋が出るから、あまり不自由はしないけれど、いい魚がなかった時や買い物に行けなかった時のことを考えて、台所に干ダラを常備している。生ダラにはない滋味が再認識され、最近はこの干ダラが、立派なフランス・レス...
article placeholder

アルノー・クラルスフェルド Arno Klarsfeld モーリス・パポン裁判の原告側弁護士

ナチスのユダヤ人虐殺に協力したとして "人類に対する罪" に問われているモーリス・パポンの裁判の判決が3月27日に下る。従来の司法官のイメージからは遠い長髪、皮のジャンパー姿で裁判所に通うこの若き弁護士は、やはり弁護士で「強制移送されたユダヤ人の息子と娘たち」という協会の会長で、やはりこの裁判...
article placeholder

CHEZ LUIS –ポルトガルの干ダラ料理が美味。

 干ダラを食べたくなったら、ポルトガルのレストランに足が向く。5年前の "ポルトガル特集" の時に紹介したことがある店だが、今でも、リスボンの下町アラファマの狭い坂道にあるレストランで食べているような雰囲気がある。  前菜はカルド・ヴェルデ (30F) がいい。ジャガイモをベースにし...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る