EPA – EUと日本が経済連携協定

7/17

 安倍首相とユンカーEU委員長、トゥスク欧州理事会議長は経済連携協定(EPA)に調印した。EU諸国産のチーズ、ワイン、食肉などの農産品の輸入関税が段階的に引き下げられ、将来的には年10億ユーロの関税カットに。その見返りに日本から輸出する自動車とその部品の関税が段階的に引き下げられる。トゥスク氏は「我々は保護主義に対し共に戦う」と発言。

EUの個人情報保護規約に日本の法規を準拠させることでも合意し、同問題で日本における欧州市民の訴えを受け付ける機関の設置も。