ヨーロッパ諸国料理

Brewberry|初夏はもう間近。アペロをしよう!ビール&フリットにイタリアン。

夏時間になって早1カ月が過ぎた。晴れ間も増え、気温も上がり、日が暮れるのがぐんぐん遅くなるこの季節はまっすぐ家に帰るなんてもったいなくて、ついついアペロをしたくなりがち。そこでお得なアペロ情報を2軒同時紹介。お酒のお供に立派なつまみがあるから、空きっ腹で飲んで酔ってしまうなんて心 [...]

Zazza|初夏はもう間近。アペロをしよう!ビール&フリットにイタリアン。

夏時間になって早1カ月が過ぎた。晴れ間も増え、気温も上がり、日が暮れるのがぐんぐん遅くなるこの季節はまっすぐ家に帰るなんてもったいなくて、ついついアペロをしたくなりがち。そこでお得なアペロ情報を2軒同時紹介。お酒のお供に立派なつまみがあるから、空きっ腹で飲んで酔ってしまうなんて心 [...]

Mûre|こんな食堂があったら!健康食材で手づくりの味。

 パサージュ・ジョフロワのすぐ裏手に「なんでも自家製」がコンセプトのお店がある。店内は色々なファブリックがミックスされ、ポップで温かみのある雰囲気はつい長居したくなりそう。まずはトレーを持って、中央カウンターへ。スープ1-2種、サラダ4-5種、サンドイッチ2種、〈本日のピザ〉はい [...]

NOSSA – Churrasqueira|鶏のほぐし身ポルトガル風は後を引く美味しさで病みつきに。

 シュラスコ、というとブラジルの肉料理を連想するけれど、ここはポルトガル風ローストチキンの専門店。黒が基調の外観にモザイクタイルが色を添え、カルチエラタンの真ん中で通る者の目を引きつける。清潔感漂う愛らしいインテリアは心地よく和める雰囲気だ。 看板料理はやはりローストチキンで、1 [...]

Pozzetto|こだわり食材のロゼッタサンドと本格イタリアンジェラート。

ここ1、2年の間にできた、ちょっとお洒落な本格派ナポリ風ピッツェリアやイタリアンのお店で、デザートメニューに 「Pozzettoのジェラート」と書かれているのを目にしたことがある人は少なくないはず。そう、Pozzettoは Roi de Sicile 通り39番地にあるジェラート [...]

Il Posto|窯(かま)が違う、生地が違う。本場ナポリのピッツァ!

パリ20区、ピレネー駅近くに本格的なナポリのピッツァが食べられる店がオープンしたと聞いたのは昨年11月末。無類のピッツァ好き、ナポリには毎年足を運んでいる私としては、試さずにはいられない。いつも大繁盛で予約必須と聞いたので電話をすると、聞こえてくるフランス語の中に確かなイタリア語 [...]

Floyd’s|メニューをすべて制覇したくなるバー & グリル。

寒い季節になると食べたくなるのがカキ。生ガキもいいが、火を通したカキもおいしいもの。残念ながら、フランス人の多くが調理したカキは好みでないのか、温かいカキを食べさせる店は稀だが、気軽に試せる店を見つけてにんまり。友人と出かけてみた。  通りに面しているのはクラシカルな大人の雰囲気 [...]

Lucia|ナポリからやってきたシェフ コストパフォーマンスが決め手。

「パリのイタリアンはまずい。フランス人のつくるゆですぎパスタや、マグレブ人のつくるメルゲーズ入りピザにはうんざり」なんて、それは一昔前の話。今やパリで美味しいイタリアンは見つからないことはない。が、とにかく高い。「本格的」の名において、ボンゴレに23€も払わせるなんてどうも納得が [...]

Kaffeehaus|オーストリアの伝統料理、東欧のガストロノミー。

商店街に並ぶ店の入り口は限りなく狭く、ショーウ ィンドウの雰囲気からは、パティスリー、またはお総 菜屋さんかと間違えてしまいそう。もちろんテイクア ウトもできるのだが、夏の時期はテラスで、そして秋 口からは 2 階で食事ができるこの店は、ドイツ、オー ストリア、東欧­料理の専門店 [...]

Filakia|美と味が伴ったギリシャ風サンド ここにきて、ようやく出現。

パリ中で見かけるギリシャ風サンドイッチ。昨今流行りのハンバーガーよりも フランスにおけるファーストフード歴は 長いと言っても過言ではない。でもそれはいつも、ケバブとごっちゃになった脂 っこい肉と冷凍のフライドポテトに既製 ソースのかかった、ストリートフードと いうよりはジャンクフ [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る