Voltaire駅界隈



今どきの店もちらほらする飾り気のない庶民の街角。

 ヴォルテール駅(9号線)周辺の散策に出かけよう。ヴォルテールといえば、啓蒙主義を代表する哲学者・作家。本名はフランソワ=マリ・アルエで、Voltaireという名はArouet L.J.のアナグラム(u=v、j=i)。駅を出るとすぐ目の前が区役所だ。その前は公園になっていてちょっとした憩いの場所。区役所を背にしてロケット通りを左に行くと、魚屋さんや荒物屋さんが並び庶民的な雰囲気の界隈になる。左手にのびるパシュ通りにあるタバコ博物館Musee du fumeurへ。タバコや葉巻の歴史や道具などを展示する常設展のほかに6カ月ごとの特別展がある。10月8日までは、17世紀から今日までの風刺画の展示・販売と、1920年代にドイツで作られていたユーモラスなタバコ入れやマッチさしの磁器の展示が行われている。特にこのマッチ人形は、製造元が倒産の際に鋳型を廃棄しており、再生産が不可能な貴重なコレクションだとか。ミュージアムショップでは、パイプやライターなどのタバコ周りの小物、書籍、ハイテクグッズなど、マニアックな商品を販売。

place Leon Blum 区民の憩いの場。


Le Musee du Fumeur
滑稽だけどどこかグロテスクなマッチさし。
Duizend夫妻のコレクション。


趣向を凝らした嗅ぎタバコ入れ。

 ロケット通りをバスチーユの方向へ歩く。雑貨店やレストランなど多種多様な店があって面白い。昼過ぎにここを歩いていたら、黒服のユダヤ人がわんさか歩いてきたので驚いたが、何てことはない、その先にシナゴーグがあるのでした。この周辺はユダヤ人とも縁の深い地区だ。
 今どきのおしゃれな店もどんどん進出しているが、まだまだ下町の情緒も充分ある。たまにはこんな界隈で生活臭に浸るのも悪くない。(月)


Gymnase Japy
第2次世界大戦中ヴィシー政権下、多くのユダヤ人が監禁されたという歴史を持つ。


いかにも庶民派。

どこか寂しそうな花嫁さんたち。



on aime

musee
●Musee du Fumeur 1

イチゴやマンゴーなどの香付きのスペイン産紙巻きたばこの紙など、タバコグッズも販売。火~土11h30- 19h30/
日祝12h30-19h30。月休。
博物館入場料2€。
7 rue Pache 01.4371.9551
www.museedufumeur.net

restaurants
●Les Domaines qui montent 2
ワイン食品店。昼には食事も。メイン+前菜、またはチーズかデザートで13€。ワインも店頭価格で飲める。月休。
136 bd Voltaire 01.4356.8915
●La Fee Verte 3

採光のいいおしゃれで居心地のいい店。ブランチにも定評あり。
108 rue de la Roquette 01.4372.3124
●El Rastro 4

数種のパエリアが揃うスペイン料理店。土日休。
164 av. Ledru Rollin 01.4372.7947

hotel
●New Hotel Candide ★★★ 9

隠れ家的な快適ホテル。サイトで予約すれば格安。
3 rue Petion 01.4379.0233 F : 01.4379.0688

www.new-hotel.com/candide

S : 73€~/ W : 79€~ ビュッフェ式朝食込。


boutiques
●Le Comptoir de l’Europe 5

ヨーロッパ中から選りすぐりの食品を集めた店。贈物にも最適。10h-19h。日休。

25 rue Saint Maur 01.4700.5043
●Chrono Peche 6


毎日ディエップから新鮮な魚が入荷するパリで唯一の魚屋さん。

活きのいい魚が揃う魚屋。

113 bis rue de la Roquette 01.4659.3833
●El Indio Feliz 7

南米やアフリカの鮮やかな色の服や雑貨。9h-18h30。日月休。

69 rue de la Roquette 01.4372.5288
●Taillandiers 8

マニアにはおなじみの切手屋。

65 rue de la Roquette 01.4700.9771

www.taillandiers.com