Pernety駅界隈(14区)


商店街をくまなく歩いて
フランスで生活する幸せを実感。


rue des Thermopyles 夏になると方々でバラや時計草の花が咲き乱れ、
こんなところに住みたいなと思う小道。外猫によく出会える。
    
 ペルネティ駅(13号線)の名の由来は、駅の出入り口すぐ手前の通りから。通りの方は、陸軍少将ジョゼフ=マリー・ドペルネティ子爵所有の土地を横切っていたこの通りに彼の没後12年の1868年にその名が付けられた。
 駅前はレイモン・ロスラン通りに長く連なる商店街。ここと、平行に走っているウエスト通りと合わせると、実にさまざまな商店が建ち並びにぎやかだ。パン屋や八百屋に混じって、馬肉や、ビールなど専門的な商店もあるのが面白い。

地下鉄駅入り口は、建物の地階部分という珍しい構造。


馬肉屋さんも健在だ。

 この辺りを散歩するなら、テルモピル通りやボワイエ・バレ通りなどの横道がいい。凝ったデザインの一戸建てがあったり、アトリエ建築があったり、猫が出てきて足にまとわりついてきたり、壁にミスティックのポショワールを見つけたりと、楽しい発見があるものだ。 impasse Florimond
かつてブラッサンスが住んでいたという建物には記念プレートが。

place de Seoul いきなり近未来の世界へ放り込まれた錯覚に陥るリカルド・ボーフィルの建築。

 アメリカの娯楽大作よりアジアやヨーロッパの佳作映画を上映するアントルポという映画館は、討論会などもよく企画されていて、映画好きなら足を運びたいところのひとつ。ライブは、アントルポでも行われているが、シャンソンファンはマジックへ。音楽よりも写真芸術なら、しばしば話題のある写真を開催しているカルチエ=ブレッソン写真美術館へ足を運ぶのもおすすめだ。(月)
L’Entrepot
映画館だけでなく、中庭のレストランにも定評あり。


on aime

musee
●Fondation Henri Cartier-Bresson
1

13h-18h30、土11h-18h45、水13h-20h30。月火祝休。

4€(水18h30以降無料)

2 impasse Lebouis 01.5680.2700

カルチエ=ブレッソン写真美術館。

cinema-cafe concert
●l’Entrepot 2

レストランやバー、ライブありの映画館。
7-9 rue Francis-de-Pressens
01.4540.0750 www.lentrepot.fr

●Magique 3

家族的な雰囲気のシャンソニエ。

42 rue de Gergovie 01.4542.2610


boulangerie

●La Fournee d’Augustine
8

2004年パリ1に輝いたバゲット。日休。

96 rue Raymond Losserand 01.4543 4245  


restaurants
●Chez Joss(イタリアン)
4
牛肉の石焼きグリル12
。月昼日休。

39 rue de Gergovie 01.4542.2393

●Aquarius(ベジタリアン) 5
フルコースが昼11
、夜15。土日休。

40 rue de Gergovie 01.4541.3688

●N’zadette M’foua(コンゴ料理) 6

19h-0h。無休。

152 rue de Ch液eau 01.4322.0016

●Ciel et sable(和風サロンドテ) 7

日本の家庭料理や、和風小物の販売も。土昼日休。
56 rue de la Sabliere 01.4542.6829

「幸しい」と書いてし・あ・わ・せと読む???


boutiques

●Bootlegger(ビール専門店)
9

火ー土10h30-13h/16h-20h30。日月休。

82 rue de l’Ouest 01.4327.9402

Bootlegger

世界中のビール大集合。

●El Blerzo(スペイン食品)10

29 rue de l’ouest 01.4320.4152

hotel
●Hotel Apollon montparnasse ★★ 11

S:77E、W:79E~。

91 rue de l’Ouest 01.4395.6200

F:01.4395.6210



 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る