OVNI 483 : 2001/7/15

●失業率、4年ぶりに上昇
失業率は1997年6月以来下降線をたどり、失業者が200万人以下になるのは時間の問題と思われていたのだが、5月になって0.3%上昇(25歳以下の若者の失業率は+2.5%)。ギグー雇用相は「早急な結論は避けるべき」と弁明。失業率低下のカギは経済成長にあるが、6月27日にはファビウス蔵相が、経済成長率は予想をかなり下回って2.5%以下(国立統計経済研究所Inseeによれば2.3%)と発表している。来年の大統領選挙が近づいてきたジョスパン首相には頭が痛い数字…。
●「ロフトストーリー」終了
70日間、若者11人(男6人、女5人)をロフトに閉じこめ、彼らの生活ぶりをリアルタイムで放映するという民放M6の “Loft Story” が、7月5日に終了した。視聴者(主に18歳から25歳の若者と女性層)ののぞき見本能を刺激してか、平均視聴者730万人という爆発的な人気番組になった。視聴者が選んだ理想のカップルはロアナとクリストフ。1カ月半、サン・トロペ近くの別荘で共同生活をした後、不動産購入用に一人150万Fの賞金を受け取る。M6 はCM料ほかで純益約3億F。
*オヴニー479号”Media” 欄で解説

●倒木で11人が死亡。

7月6日22時ごろ、ストラスブール市郊外プルタレス公園で、突風のためカエデの巨木が根こそぎになり、コンサートを聴きにきて、たまたまテントの下で雨宿りをしていた100人近い観客の上に倒れた。11人が死亡、85人が負傷。

●第88回ツール・ド・フランス開始

7月7日、世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスが、ダンケルク市でのタイムトライアルでスタートした。参加選手189人、29日のシャンゼリゼ大通りゴールインまで3462kmを走破する。1985年のベルナール・イノー選手以来、16年間フランス人は優勝から遠ざかっているが、今年は初日から、昨年4位のクリストフ・モロー選手が区間優勝。ドーピングや八百長のスキャンダルを吹き飛ばすようなレースを期待したい。*毎日のレース模様はwww.ilyfunet.com/letour/で。

●原発廃棄物処理工場と白血病

厚生省の依頼を受けた国立衛生医学研究所Insermのスピラ教授は、原発廃棄物処理工場があるボーモン・ハーグ郡では、

5歳から9歳の児童が白血病にかかるリスクは2倍、という調査結果を発表した。

●テクノ集会にふたたび批判の声

テクノ集会(レイブ)取り締まり法案が国民議会で否決されたばかりだが、7月8日未明、ルーアン市で開催中のレイブで、25歳の男性が倉庫の屋根から転落して死亡。責任者2人が取り調べを受けた。同日、ベルフォール近くの集会では、2人の女性が強姦され、6人が麻薬密売の容疑で逮捕された。

●ジダン選手の移籍金約77億円
1998年、2000年と国際サッカー連盟・世界最優秀選手に選ばれた、フランス代表MFのジネディーヌ・ジダン(29)が、イタリアリーグのユベントスからスペインリーグのレアル・マドリードに移籍することが、7月9日発表された。レアルがユベントスに支払う移籍金は、史上最高の120億ペセタ(約77億円)。ジダン選手の契約期間は4年間で、年棒は約6億4千万円といわれている。
●付き添いなしの児童夜間外出禁止令
オルレアン市は、昨年に比べて10%以上増加した未成年者犯罪防止のために、13歳未満の児童が23時から翌朝の6時まで付き添いなしで外出することを禁止する条例を出した。7月9日、国家評議会は、問題の多い3地区に限りこの条例を有効と認めた。夜間外出禁止令にそむいた児童は、補導され自宅に連れ戻されることになり、親は230Fまでの罰金。カンヌ市やニース市も同様の条例を準備中だ。


バカンス前 (6月末週末) 国鉄ラッシュ

2600本 TGV総運行数
540本 リヨン駅→南仏
480本 モンパルナス駅→ブルターニュ
300万人 乗客数(昨年比+25%)
*Le Monde (2001/6/30)