20区の格安ライブハウス。 Fleche d’Or Cafe


 20区にある “フレッシュ・ドール (金の矢) ” は、今年の5月で開店4周年を迎えるが、世界の音楽を気軽に聞けて踊れる場所として人気が衰えない。
 1860年から1934年までは、パリ環状鉄道の駅として、戦時中は軍の資材倉庫として使われていた。その後廃虚となっていたが、近くに住む公園設計士paysagisteのラウル氏 (現オーナー) がフランス国鉄と交渉し、賃貸契約を結び、カフェ・ミュージックとしてオープンした。今では近所の人の「一杯飲み屋」的役割も果たしている。
 「歴史、環境、住民など、すべての要素を考慮して創造する仕事は、公園設計と共通している」とラウル氏は考える。今では、従業員35人が働いているレストラン・バー・コンサートの3部門を取り仕切る社長さんだが、公園設計士の活動も続けている。廃線となっている環状線跡をプロムナード用の公園にする計画を、フランス国鉄に提案中だ。
 線路が見える窓際側のレストランでは、南米、西アフリカ、ギリシアなど世界の味が選べる。古い駅舎の待合いホールを思わせる天井の高い空間には、小さなステージと木製のカウンターバー、薄暗い奥にはソファー席が置かれている。300人が入るこの広々としたスペースの中で、お客さんはそれぞれ別々の目的を持ち、雑踏の中を勝手気ままに行動しているかのように見えるのが面白い。(尚)

愛犬と戯れるラウル氏


*5月のスケジュール : アフリカ音楽 (1、20、23、26、29日)、サルサ (2、12、30日)、レゲエ (6、8、27日)、モロッコのグナワ音楽(13日)。毎週金曜の17h30からはロックコンサート。日曜は17h、平日は21h ごろから演奏開始。入場料は10~25F。夏には下のトンネルで演劇も。
*Fleche d’Or Cafe :
102bis rue de Bagnolet 20e 01.4372.4244 


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る