Monthly Archive:: 2月 2011

中央山塊地方オーブラックの物産

Aubrac Corner シャンゼリゼ大通りの横道にある、中央山塊地方オーブラックの物産とそれらを生かしたファーストフードの店。ここではコート・ド・ブッフ(28€/kg) など、上質なオーブラック種の牛肉を […]

SFR、既存顧客の携帯料金値上げせず

オランジュとSFRは2月7日、既存顧客の携帯電話定額料金をTVA(付加価値税)上昇率に準じて引き上げないことを決めた。2011年度予算法によっ て、2月1日からテレビ+インターネット+電話のセット料金や携帯電話定額料金の […]

地上デジタル放送開始

850万台  地上デジタル放送開始も間近に迫っているが、薄型(液晶・プラスマ)大画面のテレビに買い換える人が急増し、2010年はフランス全国で850万台のテレ ビが購入された。2009年は750万台だったから、約13%増 […]

2週間のニュース

「異星人たち」と題された1月31日付エキップ紙。 1月30日、スウェーデンで開催されていたハンドボール世界男子選手権決勝で、フランス代表はデンマークを37-35で破って優勝。五輪、世界選手権、欧州選手権に続く4連覇!●1 […]

Louis-Ferdinand Céline— 死後50年経っても議論をわき起こす作家。

セリーヌのインタビューをDVDで。 Ed.Montparnasse 26€。  『夜の果てへの旅』や『なしくずしの死』を書き、プルーストに次いで世界で一番訳されているというルイ=フェルディナン・セリーヌ。今年は、そのセリ […]

チュニジア、エジプト…。

1月15日付リベラシオン紙。女性が掲げている紙には「ベンアリとっとと失せろ」  12月17日、チュニス南部の町シディブジッドで、大卒失業者ブウアジジ青年(26)が野菜を売る手押し車を警察に押収され、絶望と屈辱に耐えきれず […]

交差点で滑り出し、 鉄のポールに「ゴツン」。

実際にアイスバーンのトラブルに立ち会ってしまった。  「年末はアイスバーンに気をつけて」と書いたばかりだったが、実際にアイスバーンのトラブルに立ち会ってしまった。親日家のダニエル夫人とオペラ鑑賞に出 掛けた帰りのこと。雪 […]

もうひとりで寝ないと…。

フランスでは赤ちゃんでもひとり寝させるのが基本である。 最近、ジルとイザコザが勃発した。私が7歳半になるミラと一緒のベッドで寝てることがバレたからだ。ジルは「ミラの成長を妨げている!」とご立腹。広く知られている通り、フラ […]

バイリンガルになるって大変だ!

悩むママのことは気にせず伸び伸びと育っておくれ。 児童心理カウンセラーのマチルドさんに「あなたは子供と話すときフランス語と日本語を混ぜてるけど、どちらか一つの言葉にしぼらなきゃだめよ」。友人なら ではの遠慮のない彼女の一 […]

Valérie (40)/Arnaud (43) 「部屋には、たえず 1センチの小麦粉が…」

Valérie (40)/Arnaud (43) 「何があったの、娘が事故にでも遭ったの!?」地下鉄の中、携帯に叫ぶヴァレリーさんに、「うっ、うっ」と嗚咽(おえつ)で声も出なかったアルノー さん。2007年 […]

子供と楽しむフォーラム・デジマージュの映像コレクションルーム。

フォーラム・デジマージュ 冬休みに突入し子供向けの新作映画が目立つが、今回は趣向を変えておチビさんと旧作を鑑賞するのに穴場の場所を紹介。フォーラム・デジマージュ2階の映像 コレクションルームは、子供用作品にも力を入れてい […]

おいしいアイリッシュシチューで温まりたい。

アイルランドの国民食は、何といってもアイリッシュシチュー  フランスの庶民たちを養ってきた国民食はポトフだというけれど、アイルランドの国民食は、何といってもアイリッシュシチューだろう。アイルランドといえば、青々とした草地 […]