ボルドー特集〈2〉ボルドーから1時間。サーフのできるビーチ、ラカノーへ。

ビーチ、ラカノー

 ボルドーから西へ約60Km、車で1時間ほどでアクセスできるラカノー(Lacanau)。初心者でもサーフィンができるというので、せっかくボルドーに来たのだから足を伸ばして人生初のサーフィン体験をしに行くことにした。フランスでサーフィンができる海としては、バスク地方のオセゴーやビアリッツが有名だが、ラカノーの海辺にはサーフィン教室がいくつもあり、遠浅で、なおかつ海底も砂になっているので、初心者でも挑戦しやすい環境が整っている。

 フランスサーフィン協会(Fédération Française de Surf)認定のサーフスクール、オーシャンライド(École de surf OCEAN RIDE)のコースに参加した。受講料もサーフボードとウェットスーツのレンタル料込みで、2時間コースが30€と良心的。

授業では最初にビーチでボードの乗り方のシミュレーションをする。ボードの上でうつ伏せになり、そこから瞬時に立つ一連の動作を何度か繰り返す。その後実際に海に入り、うつ伏せの姿勢でボードに乗り、両腕で漕ぎながら沖まで出る。ある程度のところまで行くのに何度か波に遭遇するが、その波を越えるのがまた至難の技だ。もちろんインストラクターも沖まで一緒について来てくれるので、波乗りのタイミングが来るとそれに合わせてボードを押してくれる。波の大きさが異なる3ヵ所を回り、2時間を終えた。

他に2日間や5日間のコースなどもあるし、5歳から11歳対象の子ども向けコースや、中・上級者向けの個人レッスンもある。サーフ教室はオンラインで申込可能だが、開講時間は天候や潮の満ち引きに左右されるため、日によって時間にばらつきがある。サーフ教室を受講せず、ボードやウェットスーツのレンタルサービスのみも可能だ。

サーフスクール、オーシャンライド

波が最も高いサーフィンのメインシーズンは秋で、今の時期は波がまだ低く、多くの初心者と思われるサーファーたちでいっぱいだった。気軽にサーフィン体験ができる海だからか、女性サーファーたちも多く見かけた。

 今回初めてのサーフィン体験ではボードに立って波に乗ることはできなかったが、何度も呼吸とタイミングを波に合わせようとすることで、海との距離が前よりも少しだけ近くなったような気がする。翌日は首や腕など上半身が筋肉痛になり、日焼けで顔も赤くなってしまった。でも、適度な疲労感や日焼け、身体の痛みさえも今年の夏は特別に感じる、そんな体験だった。(荘)

École de surf OCEAN RIDE :
105 Résidence Horizon Marin 33680 Lacanau-Océan
Tél : 05.5660.8123
www.ocean-ride.com
contact@ocean-ride.com
ボード&ウェットスーツレンタル1時間8€〜 (最大1週間レンタル可能)


ボルドー特集、以下の記事もあわせてお読みください!
ボルドー特集〈1〉進化し続ける町、 ボルドー。 
ボルドー特集〈3〉ボルドーから行く絶景スポット、ピラ砂丘
ボルドー特集〈4〉ボルドー市内でもサーフィン!
ボルドー特集〈番外編〉ル・コルビュジエの「ペサックの集合住宅」を見学に。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る