ボルドー特集〈3〉ボルドーから行く絶景スポット、ピラ砂丘。

ピラ砂丘


 大西洋から吹きつける風が作り上げた、ヨーロッパ最大の砂丘。南北の長さは約3キロ。駐車場から森を抜けると突然現れる、高さ約100メートルの真っ白な砂の山。その斜面はかなり急で、頂上にたどり着くにはちょっと頑張らないといけない。でも、さらさらですべすべなその砂は、裸足になると思わず笑顔になる気持ちよさ。靴やサンダルはさっさと脱いで、その感触を楽しもう。

 息を切らせて頂上に立つと、どこまでも広がる青い海と見渡す限りの森に挟まれた、壮大なパノラマに圧倒される。見渡す限りの白い砂。その中を歩いていると、砂漠の真ん中に迷い込んだような気分。天気のいい日の夕暮れ時は、この絶景スポットで夕日を見ようと多くの人々が訪れる。皆それぞれのベストポジションに座って、風の音を聞きながら大自然の光のスペクタクルを満喫。素敵なカップルはシャンパンボトルにフルートグラスを持参して、ロマンチックな演出。ピンク色に染まる空をうっとりと眺めていた。

 砂丘に吹く風は強く、日が沈むと冷え込むので防寒対策は忘れずに。砂丘の入口へは、アルカションの駅から1番のバスに乗り約45分。ハイシーズンはバスが混むこともあるので、自転車をレンタルして海岸沿いを走って向かうのもいい考え。10キロくらいの距離なので、1時間くらいで到着できる。また、ピラ砂丘はパラグライダーも盛んなので、インストラクターと2人乗りの手軽な空中散歩も可能。(良)

4つんばいで砂丘を登る人(でも実は階段がある)。
4つんばいで砂丘を登る人(でも実は階段がある)。

INFORMATIONS

Grand Site de la dune du Pilat : Route de Biscarrosse RD 218
33115 Pyla-sur-Mer
www.ladunedupilat.com
パラグライダー体験は10分50€から(要予約):
www.pyla-parapente.com


隣の客もよく牡蠣食う客だ。

アルカション湾をぐるりと取り囲んでいる牡蠣養殖施設と直売所
アルカション湾をぐるりと取り囲んでいる牡蠣養殖施設と直売所

 アルカション湾は牡蠣養殖がとても盛ん。フランスで最初に開設された牡蠣養殖場で、牡蠣の赤ちゃんをフランス内外の養殖場にも卸す重要な場所。
 
フランスと日本の牡蠣の縁は深い。1970年代にフランスの牡蠣が病気で壊滅的な被害を受けた際、日本の真牡蠣が三陸から届けられ、見事に復興を果たした。 
いっぽう、2011年の東日本大震災で三陸の牡蠣が大きな被害を受けた際、フランスからは、養殖資材などの手厚い支援のお返しがあった。日本とフランスでは養殖方法に違いがあるのだが、震災後の三陸ではフランス式の養殖方法が始まっている。
 そんな心温まる交流のエピソードを思い出しながら、ボルドーからアルカションに向かう各駅停車の電車に乗り、Gujan Mestras 駅かLa Teste de Buch駅で降りる。駅からすぐに港があり、牡蠣小屋がずらりと軒を連ねている。La Teste de Buchはアルカションから自転車で行っても15分くらい。メニューや雰囲気を見ながら、お気に入りの牡蠣小屋を見つけよう。いけすの脇の臨場感あふれるお店や、水上テラスで豪華にシーフードを堪能できるレストランなど様々。

 牡蠣についている番号は、小さい番号ほど大きなサイズ。N°3くらいが手頃でお値打ち。値段は街中のレストランよりお 得なので、満腹になるまで生牡蠣を何度もおかわり。3度目のおかわりともなると、牡蠣小屋のお姉さんも、「あなたも好きねえ」と満面の笑顔。
 ちなみに、バカンスシーズンはカキ入れどきなので、牡蠣 小屋に夏季休暇はありません 。(高)

arcachon huitres

INFORMATIONS

La Maison de l’Huître : Rue du Port de Larros 33470 Gujan-Mestras
7月と8月は毎日10h-13h/14h30-18h30。
それ以外は月-土10h-12h30/14h30-18h。Gujan Mestras駅からすぐ。
www.maison-huitre.fr


アルカション

 アルカションはボルドー・サンジャン駅から各駅停車の電車で、約1時間。アルカショネーズ(Arcachonnaise)と呼ばれる、素敵な別荘が点在するリゾート地。
 アルカション駅の裏手の高台に、「冬の街地区」(quartier de la Ville d’Hiver)があり、19世紀から20世紀にかけて建てられた豪華な別荘を見ることができる。今でも住人がいるので、外から眺めて控えめに写真を撮る。
 アルカショネーズにはそれぞれ名前が付いていて、それを誇らしげに掲げているのが楽しい。駅から海までは歩いて10分。桟橋から遊覧船に乗れば、ポストカードで見かける海上に立つ漁師小屋「キャバンヌ・チャンケ」(Cabane tchanquée)が見られる。アルカション湾から出て、海側からピラ砂丘の壮大な姿が眺められるコースや、なんと道具も貸してもらえる釣り体験コースの船もある。鯛やスズキが狙えて大人ひとり30€。釣り船は毎日催行ではなく、早朝出発なので事前に計画を立ててチャレンジしたい。(た)

湾内クルーズや釣り船など : Union des Bateliers Arcachonnais
www.bateliers-arcachon.com
釣り船の予約は24時間以上前までに。

ボルドー特集、以下の記事もあわせてお読みください!
ボルドー特集〈1〉進化し続ける町、 ボルドー。
ボルドー特集〈2〉ボルドーから1時間。サーフのできるビーチ、ラカノーへ。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る