若者の雇用支援策

7/23
コロナ危機により就職難が予想される若者の雇用を支援するため、政府は今後2年で65億€の対策を発表した。今秋就職予定の70万~80万人が対象。内容は、①8~1月に25歳未満を3ヵ月以上雇用する企業に1年で1人4千€の社会保険料免除、②2月までに職業訓練契約を結ぶ企業に若者1人につき5千~8千€の支援金、③16~25歳を対象とする半年~1年間の社会奉仕活動(月額手当は約500€)の受入れ数を今年2万人、来年8万人増加、④政府が給与の一部を援助する雇用促進契約(CIE)6万件、⑤学業放棄の若者に職業訓練提供。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る