Ovni --| Numéro 895

ルソーの静かな食卓 〈15〉

 根っからの頑固さや被害妄想のせいで多くの友人たちと仲違いしたルソーが、亡くなる2年ほど前に書き始めたのが『孤独な散歩者の夢想』(1782年)。「こうしてわたしは地上でたったひとりになってしまった」(今野一雄訳)と書き出したルソーのかたわらには、しかし、妻のテレーズがいた。ある時期親しくしていたかけだしの作家...

マダム・キミのシルバーラウンジ:総子さん

 1943年東京に生まれたジュフロワ総子さんは、62年、上智大学仏語科に入学。翌年サンケイスカラシップにて1年留学後、結婚、出産。84年駐日仏大使館付文化参事官として日本に赴任中の詩人で美術評論家アラン・ジュフロワ氏(当時55)と出会い「この人こそ私の求めていた人!」と、彼の任期終了後、渡仏。「自分勝手な母親...

コロナ禍は「戦争」か、「人間性への試練」か。

 マクロン大統領は、テレビ演説のなかで、このコロナウイルス禍は「戦争である」と繰り返してきたが、ドイツのシュタインマイヤー大統領は、4月11日の演説で、こうした姿勢に異を唱えた。「(ワクチンや治療法が)最も貧しく脆弱な国々にもその恩恵が受けられるようにと気を配りましょう」 ...

コロナ感染者との接触知らせるアプリ「StopCovid」、6月導入へ向けテスト開始。

4月26,27日付ル・モンドは「StopCovid」を大きく扱った。  政府は、新型コロナウイルスの感染者と接触があった人を特定するスマートフォンのアプリケーション「StopCovid」の導入に向け準備を進めている。セドリック・オ=デジタル担当副大臣(経済・財務省)は、テレビ出演し「ロックダウン解除第2段階の6...

アートで感謝を表す市民参加プロジェクト

 2019年1月12日、パリ9区のトレヴィーズ通りで起きたガス爆発は、死者4人、負傷者66人の大惨事になった。人が入れないよう建物の前に設置された壁を、連帯の気持ちを表す「ensemble(一緒に)」の文字で埋め尽くしたのはストリート・アーティスト、アルテュール・シモニさんだ。黒いスプレーで文字を連続模様のよ...

医療関係者への謝意

コロナウイルス対策で外出規制が続くなか、トゥールーズに住む32歳のノショモヴィッツさんは、医療関係者への謝意を表すマラソンに挑戦。ピレネー山脈を眺めながらアパートの長さ7m、幅1mのバルコニーを6000回以上往復、6時間48分で完走!ブラヴォー!昨年だけでも10以上のマラソンを4時間ちょっとでこなしている。 ...

ベルギー人の大好物はワーテルゾーイ、北海の幸入りを作ってみた。

Waterzooï de la mer  ベルギー、特にゲントの名物料理ワーテルゾーイwaterzooïを作ってみよう。ゲントでは、町を流れる二つの川でとれるウナギなどを使っていたのだが、そのウナギがほとんど獲れなくなり鶏肉が主流に。オステンドなどの北海に面した町では、真ダラや名物の芝エビcrevett...
article placeholder

空母感染、120人快復

4/23空母「シャルル・ドゴール」でコロナ集団感染があった問題で、海軍は症状のあった120人が快復し、検査後に退院、または隔離を解除されたと発表した。空母は12日に南仏トゥーロンに入港したが、4月初めに患者が出たため、乗船者1760人に検査が実施され1046人の感染が判明した。感染経路は調査中。1月末出航以降、3月1...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る