Ovni --| Numéro 792

Camp de César:カエサル陣営

© DreuxMarc Paygnard - Office de tourisme du pays de Vesoul あまり知られていないが、フランスには「Camp de Césarカエサルの陣営」と呼ばれる場所が少なくとも10カ所点在している。ブルターニュ地方の3つを含めた大西洋沿いに5つ、サントル地方とリ...

Zweisprachigkeit ! (二カ国語主義 )

 アルザスには月曜を除いて毎日発行されているドイツ語の新聞があるという。ミュルーズに本社を置く地方紙『L'Alsace』の別冊ドイツ語版だ。  「44年に創刊された時から『L'Alsace』紙は二カ国語で発行されていた」と言うのは、別冊の編集長シュウィンデンアマーさん。最初は一枚の紙の片面がフランス語、もう片...

マダム・キミのシルバーラウンジ:9月1日号

 M子さん(67歳)は68年世代。70年代、義兄がベルリン自由大学で日本学の客員教授を務めていた関係で大卒後ベルリンへ行き、社会学科大学院生U氏と知り合う。旧東独で通訳したこともあり、東アジア研究所にも勤める。  85年にドイツからフランスに来た動機は?  反ナチス世代のUはドイツ脱出を望んでいました。日本国籍...

非核を訴え続ける核物理学者。

フランスで40年以上綿綿と続けられている非核運動。 10年前から毎月、フランス国防省の門前で抗議する人たちがいる。朝、昼と夕方、10人ほどが〈核兵器廃絶〉の横断幕を掲げる。 「99%の役人が無視しようと目線をそらし«イランに言え»«ロシアで抗議しろ»などと言う人もいる。で...

The Virgin Suicides 15ème anniversaire

ソフィア・コッポラの処女作『ヴァージン・スーサイズ』にファンが多いのは、理由なく自殺する五人姉妹の存在が優れた映画的感覚で描かれていることもあるし(四女を演じるのが若きキルステン・ダンスト!)、エールの音楽が、少女たちの透き通るような美しさを反映しているからだろう。『ヴァージン・スーサイズ』公開15周年を記念して再...

子牛肉のトマト煮は、黒オリーブがアクセント。

しばらく前に、子牛肉の中ではあまり高くないアバラ肉を白ワインで煮て、緑のオリーブを加えるレシピを紹介したが、今回は、隣人のリュセットさんが作ってくれたトマト煮。彼女はアルジェリア生まれ、お母さんが得意だった懐かしい料理だという。緑オリーブのかわりに黒オリーブが入っていました。「色と味のアクセントよ」とリュセットさん...

パリにおけるアイスクリーム界の新星、 2 軒同時にご紹介!

Une glace à Paris 前号ではgelatoに触れたが、今度は"glace"。 誰もが知っている大御所 Berthillon は不動の地位を保っている。ところが最近、独創的かつ実験的なフレーバーで「自分たちにしかつくれない味」を追求する店が増えている。 この夏オープンしたばかりの Une glac...
article placeholder

飲酒運転

0.83g 8月2日未明、モルビアン県のロアンでミニバンが路肩に突っ込み4人が死亡。パーティー先から、未成年者14人、うち4人はトランクに入り込んでドライブを楽しもうということになったのだが、3キロも行かないうちにこの死亡事故となった。運転していた無免許の17歳の男性は生き残ったが、血中アルコール濃度は1リットル当たり...

Henry Darger 1892-1973

 アウトサイダー・アートの大物、ヘンリー・ダーガーの大展覧会である。ダーガーの発見者で、彼の死後、作品の管理を続けてきた故ネイサン・ラーナーの妻、キヨコさんが、ダーガーの作品45点をパリ市近代美術館に寄贈したことを記念して開催された。  ダーガーが人々の関心を引きつけて止まないのは、作品の美しさと独自の作風も...

Deux fois plus de piment |カプサイシン効果で発汗を促そう 残暑に四川の唐辛子療法!

冷房で体が冷えていたり、暑くて運動不足だったりで、意外と体の代謝が滞っているこの季節。そんな時は唐辛子のカプサイシンパワーで体内の巡りを促そう。11区の小さな通りにあって外観もなんてことないお店だけれども、その一風変わった名前に足を止める人は多い。その名も 「唐辛子2倍」。そして入り口の扉には「唐辛子は腹痛と下痢を...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る