Ovni --| Numéro 736

ノートルダム大聖堂の鐘が到着

 ノートルダム850周年に際し、1月31日、9個の鐘がノルマンディーの鋳造所から運ばれた。鐘は聖人名をもち、マリー6㌧(オランダで鋳造)、ガブリエル4.1㌧、アンヌ・ジュヌヴィエーヴ3.4㌧、ドニ2.5㌧、マルセル1.9㌧、エチエンヌ1.5㌧、ブノワ・ジョゼフ1.3㌧、モーリス1㌧、ジャン・マリ782kg。10番目の最...

大人気の恐竜展へ。

© AMNH/D. Fnnin アメリカで企画された人気恐竜展が、海を渡り、パリ自然史博物館で開催中。展示の主役は、90トンの巨体を誇るSauropodes(竜脚下目と呼ばれる草食性の恐竜)。子供たちは骨に触れ、心臓ポンプを動かし、化石発掘を体験しながら、はるか昔に絶滅した恐竜の生態を学ぶ。展示は身近な動物と...
article placeholder

Abcd de la cuisine -37

  【revenir】 肉や野菜などを、表面に色を付けるために強火で炒めること。faire revenir au beurre les carottes et les poireauxなら、バターでニンジンと長ネギを炒める。   【rissoler】 バターや油を使って、強火で炒め、表面に...

フランスの学校は授業時間が長い

 小学校を週4日制から4日半制にする改革に教員組合が反対してもめているが、フランスの学校の1日の授業の長さは、どうにかならないものかと思う。 息子たちが小学生の時は水曜日が休みで、月・火・木・金は16h30まで、土曜日は隔週で半日授業があったと記憶している(2008年から土曜日は全部休みに)。昼休憩が2時間あるにしても...

母国語で読むということ〈イディッシュ語編〉

העלא(ショレムアレイヘム)こんにちは! 西暦70年のローマ帝国による追放から、1948年のイスラエル建国にいたるまで、国を持たず、世界中をさまよったユダヤ人。特に東欧に移住したアシュケナジムと呼ばれる人々の使っていたイディッシュ語は、ディアスポラ言語の代表と言ってよい。聞きなれない言語だけれど、1978年にノーベル...

「山道では動物が飛び出すからカーブではいつも慎重」

 パリ生活を引退し、プロヴァンスで2頭の馬と犬、そして広大な土地で優雅に暮らしているべアトリスさんに、南仏とパリの運転の違い、そして運転する際の注意点などをうかがった。彼女のご主人は元プロドライバーでメカニックという、運転に厳しい人で、現在はディーラーの チーフとして働いている。南仏とパリの運転、それから道路環境の違い...

フランス人はオムレツが大好き。

 それも「baveuse(よだれを垂らしている)」といわれる、中の方が、流れ出るようなオムレツ。フランスの友人たちは、このとろりとした半生のところをパンですくっては味わい、目を細めている。昨年夏、トロントから友人のマンディさんが来て、パリのカフェで食事をすることになった。ボクがオムレツを頼んだら、マンディさんもオム...

くん製魚アドックで、辛さ控えめのドライカレー。

 タラ科の魚をおろしてくん製にしたアドックhaddockが、美しいオレンジ色の身を見せながら魚屋に並んでいる。1枚がだいたい300グラムから500グラムくらいの重さになるだろう。合わせて500グラム買ってきて、久しぶりに、英国料理の、ケジャリーと呼ばれるカレー風味のごはんを作ってみよう。19世紀のビクトリア朝時代、イギ...

Thaï Street Food|バンコクの屋台を思わせる手軽に本格タイ料理。

様々な大陸、国籍の飲食店が続々オープンする10区。そのサンマルタン常設市場内に、タイ料理屋が開店した。店名が示すように、路地裏で買っては食べるようなカジュアルなコンセプトで、たたずまいはまさにバンコクの屋台そのもの。市場の活気にもまれながら、カウンターで立ち食いするのも楽しそうだ。 セットメニューは全4種類でいず...

同性結婚を認める法案を守り通した法相。

 同性間の結婚を認め、彼らにも養子をとる権利を与える法案〈loi sur le mariage pour tous〉の国民議会での審議は10日間、109時間続いた。その中で、このマラソン審議に疲れも見せず、右派からの質問、批判にも、納得させるようなゆっくりとした口調で、時には詩人や哲学者の一節を引用しながらき然と答えて...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る