コロナ:ロックダウン解除第2段階。〜文化・スポーツ・レジャー・バカンス〜

 

 6月2日からのロックダウン第2段階について、フィリップ首相は5月28日に会見を行った。学校再開、文化・スポーツ・旅行、飲食店の営業再開、移動などについての日程を示した。
このページでは、移動、文化・スポーツ・レジャー・バカンスについて扱う。

 ロックダウン緩和第2段階は、この地図を基準に行われる。パリを含むイル・ド・フランス地域圏、マイヨット、ギアナ(仏領)の3区域が要注意の「オレンジゾーン」、他の地域は「緑ゾーン」に。

6月21日までの措置
・公共の場での集会は10人まで。
・団体スポーツ、接触の多いスポーツ禁止。
・ディスコ、ゲームセンター、スタジアム、競馬場など閉鎖。

文化・レジャー
・5月30日から全国で公園再開。公共の場でのマスク着用は市町村ごとに決定。
・6月2日から、ビーチ、湖など再開。
・6月2日から、美術館、博物館、建造物など再開。マスク着用義務。
・6月2日から、プール、スポーツジム、レジャー施設(5000人以下)、劇場・コンサートホールなど緑ゾーンで再開。*オレンジゾーンでは22日から再開。
・6月22日から、全国で映画館再開。
・6月2日から、キャンプ場、バカンス村、ホステルなどは営業再開可能に。*オレンジゾーンでは6月22日から。
・イベント 屋外5000人まで。屋内はそれぞれのイベント責任者の判断。

移動
・国内:6月2日から「自宅から100km以内」の規則はなくなる。
・フランス海外県:状況が良ければバカンス期間は航空便を増やす。到着時に14日間隔離。隔離7日目に検査し、結果により隔離解除。ギアナはクラスターが大きいのとブラジルと国境を接していることから特別な注意要、マイヨットも同様。 
・欧州圏内:欧州圏内からのフランスへの入国者には、6月15日からは2週間の隔離措置を廃止。フランス国民に対して隔離を要求したり、国境を閉めたままの国に対しては相互主義に基づいてその国から来る人に対しても同様の措置をとる。
・欧州圏外:6月15日までは閉鎖。それ以降は欧州で調整を行う。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る