ワイン以外のお酒

armagnac

●armagnac  果物や穀物から作る蒸留酒はeau de vieという。「生命水」というのはナットクできるネーミング! コニャック、マール、グラッパ、ジン、ウォッカ、ウイスキー…。アルマニャックは、コニャック同様白ワインを蒸留し、オーク材の樽で熟成させて作る。アル マニャックは産地によってBa...
article placeholder

「生命水」

 果物や穀物から作る蒸留酒はeau de vieという。「生命水」というのはナットクできるネーミング! コニャック、マール、グラッパ、ジン、ウォッカ、ウイスキー...。アルマニャックは、コニャック同様白ワインを蒸留し、オーク材の樽で熟成させて作る。アル マニャックは産地によってBas-Armagnac、Tenareze...

biere trappiste

 ベルギーにはトラピスト修道会によって作られているビールが、シメー、ウエストマール、オルヴァルなどいくつかある。昔ながらに天然の原料を使い、じっくりと発酵させたビールで、濃厚な味わいはビールの原点といってもいいうまさ。瓶内で3度目の発酵をさせるので泡が多く、オリが瓶の底に沈殿していること もあるので、縁が広い専...
article placeholder

アペリチフ apéritif

フランスでは客を招いての食事というと、アペリチフから始まることになっている。客が揃うまで、あるいは前菜などの用意ができるまで、居間のソファーな どに座って、アペリチフ(食前酒)を飲みながら、それぞれの近況を話したりしながらのくつろいだひととき。アペリチフとしては、パスティス、マルティニ、 ポルト、シェリー、キー...
article placeholder

Crême de cassis ブルゴーニュ地方の名産

黒スグリcassisの実を90度以上のアルコールに漬け込んで作るリキュールの一種。crême de mureもcrême deframboiseも同じようにして作る。アルコール度は16%から18%で、砂糖が大量に入っているのでそのまま飲んだら甘い! ディジョンを中心にブルゴーニュ地方の名産。辛口の白ワインで割ったki...

パスティスの季節!

 マルセイユで生まれたアニス風味のアペリチフといえばパスティス。暑くなってくると、パリでもカフェのカウンターやテーブルでの人気者になる。パスティスといっても〈カザニス〉、〈51〉、〈リカール〉、〈ペルノ〉などの種類があり、それぞれ微妙に風味が異なる。そこで、ファンたちはお気に入りのものを名指しで頼むことになる。最近は、...

シードル酒 cidre

 リンゴの搾り汁を自然発酵させて作る発泡性のアルコール飲料。おなじみのクレープに欠かせない。ノルマンディー地方やブルターニュ地方が主な産地で、さまざまな風味のリンゴをどうブレンドするかによって、それぞれのシードルの個性が出てくるという。アルコール度が最低5%ないと本格的なシードルとは認められないが、アルコール度を増すた...

Jenlain

ビール王国のベルギーに接しているノール県にもビール醸造所が多い。その中でも、最近は缶ビールも発売されるくらいにフランス人に親しまれているのが、このジャンラン。色は濃い褐色で、やや甘く、適度の苦みで、飲みやすい味になっている。今回はこのジャンランでトリを煮たけれど、もちろん他のビールも使えます。ベルギーではサクランボ風味...

ベルギービール

●ベルギー産トラピストビール ベルギーはビール天国。ステラのように大工場で大量に作られているラガータイプもあるが、本命は昔ながらの製造法を守りながら独自の味を目指しているビールたちだ。イーストを使わず自然発酵させるグーズ、そのグーズにサクランボ風味をつけたクリック、かすかに濁っているホーガルデン・ウィットという白ビー...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る