PSG優勝逃す、破壊行為も

8/23
欧州のサッカークラブチームが戦うUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦(リスボン)で、パリ・サンジェルマン(PSG)は独バイエルンに0-1で敗れた。PSGの同大会決勝進出は初めてで優勝に期待がかかった。仏クラブの優勝は1993年のマルセイユのみ。大型画面で中継があったパルク・デ・プランスにも大勢のファンが結集。試合後、パリ・シャンゼリゼ大通りに集まった人々の一部が暴徒化して店の破壊や車の放火が起き、158人が身柄を拘束された。パリ警視庁は同大通りへの車両乗入れを禁止し、3千人の治安部隊を投入していた。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る