ボージョレ・ヌーヴォーは下火

 きょうはボージョレ・ヌーヴォー解禁日。ところがである、パリでは、「Le Beaujolais Nouveau est arrivé!」といったポスターを貼っているカフェが減ってしまった。話題にもなっていない。カウンターにたるものっていない!  さすがにちょっとさびしい。前々号の「ボージョレ・ヌーヴォーは恋の味」というコラムで「値段も『新酒なのにこの値段!』と腹が立つほどに上がった」と書いたけれど、そんな業者のおごりが災いしたのか。あるいは、どうせ安くもない値段で飲むのなら、ボージョレでもモルゴンやジュリエナスの銘酒の方がいいや、という飲み助の良識が勝ったのか。でもボクらはこれからやはりボージョレ・ヌーヴォー。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る