ミニ内閣改造、4人の新閣外相

 6月21日、内閣のミニ改造が発表された。二コル・ブリック環境相は貿易担当相になり、トビラ法相管轄下の司法担当相だったデルフィーヌ・バト氏が環境相に新たに就任した。また新たに4人の閣外相が任命された。ティエリー・ルパンタン氏が職業訓練担当相、アンヌ=マリー・エスコフィエ氏(急進左派党)が地方分権担当相、ギヨーム・ガロ氏が農産物加工担当相、エレーヌ・コンウェイ氏が在外フランス人担当相にそれぞれ就任。バト氏の環境相就任、ガロ氏の任命などセゴレーヌ・ロワイヤル派の採用が目立った。