ラ・ヴィレット野外上映(7/19-8/21)

 今年の特徴はパリ、NY、北京、リスボン他、大都会を背景とする作品をラインアップ。金曜は主に昨年公開された新進監督の処女作品、土曜はカソヴィッツやクラピッシュ他、40年代の作品も。
7/19『タクシードライバー』’76  M.スコセッシ
7/20『愛する時と死する時』’58  D. サーク
7/22『オール・アバウト・マイマザー』’99
   P.アルモドヴァル
7/24『白い町で』’82   A.タネール
7/27『犯罪河岸』’47  H.G. クルーゾ
7/29『親愛なる日記』’94   N.モレッティ
8/3『都会のアリス』’73  W. ヴェンダース
8/6『猫が行方不明』’95  C.クラピッシュ
8/9『街のあかり』’06  A.カウリスマキ
8/12『俺たちに明日はない』’67  A.ペン
8/16『満月の夜』’84  E.ロメール
8/18『マンハッタン』’79  W.アレン
8/21『ウエスト・サイド物語』’61 R.ワイズ
*入場無料。デッキチェア+毛布:7?(回数券有)。