ゾラの面影を探して…。

ゾラの執筆時間は一日4時間だった。

天上までは5mほどもある広々した静謐(せいひつ)な空間で、黙々と執筆に励んだ。
天上までは5mほどもある広々した静謐(せいひつ)な空間で、黙々と執筆に励んだ。

 ゾラは小説を執筆するときに綿密な取材をしたことで知られているが、基本的に取材は1年の初めの4カ月間で済ませて、5月から12月にかけては、パリの喧騒を離れてメダンで執筆に励んだ。
 
朝7時ごろに起きて、まずは風呂に入り、軽い朝食をとってから15分ほどセーヌ川沿いを散歩。その後、9時から13時まで、一日4ページから5ページの手
書き原稿を書くのが日課だった。一日4時間の執筆時間は、これより長くても短くてもいけなかったという。書斎はゾラにとって神聖な場所で、執筆中に入るこ
とができたのは愛犬だけだった。『ナナ』、『ジェルミナル』、『大地』などの傑作はこの空間から生まれた。

書斎を外から見ると…。

書斎を外から見ると…。

「NULLA DIES SINE LINEA」 (一行も書かない日はなし) というラテン語が、壁に。

「NULLA DIES SINE LINEA」 (一行も書かない日はなし) というラテン語が、壁に。

庭とその先にセーヌ川。 ゾラはここを毎朝愛犬と散歩した。

庭とその先にセーヌ川。 ゾラはここを毎朝愛犬と散歩した。

「NULLA DIES SINE LINEA」 (一行も書かない日はなし) というラテン語が、壁に。

「NULLA DIES SINE LINEA」 (一行も書かない日はなし) というラテン語が、壁に。

1 2 3 4 5 6 7

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る