14時間遅れ

12月26日21時23分、乗客約600人を乗せた夜行列車Lunéa 4295は、アルザス地方のストラスブール駅を予定時間より1時間遅れて発車。23時30分にベルフォール駅に着くが、ここで翌朝7時20分まで立ち往生。原因は、プランニングの手違いでこの列車を運転できる機関士がいなく、リヨンからタクシーで駆けつけることになった予備の機関士を待たなければならなかったから。しかし乗客には一切インフォメーションなし。7時30分モンベリアール駅に着いたが、ここでも9時40分まで2時間立ち往生。乗客は相変わらずつんぼ桟敷。13時45分ようやくディジョン先のトゥルニュスに着くが、ここでは機関車が故障し4時間以上の待ち。そしてペルピニャン先のスペイン国境のポール・ブーに着いたのは約14時間遅れの22時。800キロに26時間かかったことになる。