皮がおいしい小ジャガイモ

●”grenailles” rissolées
 グルナイユgrenaillesという小ジャガイモは皮がおいしい。そのままをきれいな焼き色がつくようにソテーしてみよう。なるべく大きさが揃うように買ってくる。
 皮はむかずに水洗い。まず塩ゆでするのだが、五分火が通ったというところで、ざるにあけて水気を切る。大きなフライパンかソトゥーズにオリーブ油を多めにとり、中が柔らかくならないうちに焦げめがつかないように中弱火にかける。ジャガイモを一度に入れ、ころころ転がしながらソテーしていく。ときどきフタをしてジャガイモの芯まで火が通るようにしたい。きれいな焼き色がついたら、塩(塩の華なら文句なし)、コショウを振りかける。好みできざんだニンニクやタイムの葉を加えて香りを付けてもいい。