熱々のムサカ、ギリシャやトルコに夢をはせる。

 ムサカというと、ギリシャ料理の代名詞になっているが、バルカン半島の他の国々やトルコにもあるし、材料のナスは共通しているけれど、作り方もさまざま。そこでわが家のレシピを紹介。ナスの下準備にちょっと時間がかかるだけで、むずかしくはありません。 
 ナスは洗ってからヘタをとり、5ミリほどの厚さに輪切り。といっても縦にです。両面に塩を振りかけて45分ほどざるにでも並べて置いておく。かなりの水分が出てくるだろう。
 この間にミートソースとベシャメルソースを用意する。ソトゥーズにオリーブ油をとり、みじんに切ったタマネギを炒める。透き通ってきたら、挽き肉とおろしたニンニクを加え、エルブ・ド・プロヴァンス、シナモンパウダー(決め手!)を振りかける。丁寧に混ぜ合わせながら炒め続け、肉の色が変わったら缶詰のトマトを入れ、塩、コショウ。全体を混ぜ合わせながら25分ほど、ほとんど水気がなくなるまで煮込んでいく。最後にみじんに切ったパセリを混ぜ入れる。
 今度はナスを焼く。しんなりしたナスを、2、3枚重ねて二つに折るようにし、手に挟んでしっかり水気を切っていき、クッキングペーパーの上に並べる。大きなフライパンにオリーブ油をたっぷりとり、それが熱くなったら、ナスを、かなりの枚数なので4回ほどに分けて、両面にきれいな焼き色がつくまで焼いていく。重ならないように並べること。焼き上がったら、クッキングペーパーに並べて油気を切る。
 オーブンの目盛りを180度に合わせて点火。あまり大きすぎないオーブン皿を用意。まずナスを、底に、重ならないように並べる。その上にミートソースを半分だけ敷く。その上にまたナスを一層。次に残りのミートソース。次にまたナス。最後は、チーズ入りベシャメルソースで全体を覆う。熱くなっているオーブンに入れ、表面にきれいな焼き色がついたら、ギリシャ人も、トルコ人も「ブラボー!」のムサカが完成。熱々をほお張りたい!  グリーンサラダを添えよう。(真)   4人分:ナス3個、牛の挽き肉500グラム、タマネギ1個、トマトの缶詰400グラム、ニンニク2片、パセリ

ベシャメルソース:牛乳400cc、バター大さじ2杯、小麦粉40グラム、おろしチーズ適量、塩、コショウ


Moussaka