チキンのおいしさ

●poulet label rouge

ローストチキンはシンプルなだけに、チキンのおいしさが決め手になる。〈fermier(農場で飼育されたもの)〉や〈label rouge〉などのラベルが貼ってある、飼育条件のいいものを選びたい。特に〈label rouge〉のチキンは、ゆっくりと成長していくニワトリ種に限られ、野外か屋内で放し飼いの状態で飼育され、飼料の75%以上が穀物。そして少なくとも生後81日以上で、精肉処理場に運ばれた時の1羽の重さが2.1~2.15キロ、という厳しい基準にあったものに限られている。値段はラベルなしの30%高くらいはするけれど、焼いてもかさが減らないし、皮までおいしく食べられるので、ナットクできる。