–気軽に参加できる講習– フランス人とアットホームな交流。

「新しい習いごとに挑戦したい!」。だったら、そろそろ秋の新学期に向け作戦を練りたい。締め切りがあるので、早め早めの行動が功を奏す。料金が安めなら、市民講座やアソシエーションの講座がいいだろう。
 今回は、授業の雰囲気を探るためにパリのお隣、ブローニュ市のAssociation Philotechniqueを見学。学び続けたい意欲ある大人のために、質の高い講習を廉価で提供するアソシエーションだ。最初に訪れたのは、屋根裏部屋のような狭い空間。ここでは絵画の講習が行われていた。講習といっても、生徒がそれぞれ描きたいものを描き、先生がアドバイスをするという形式だ。講義中も「コーヒーはいかが?」と先生にすすめられたりと、徹底的にくだけたムードなのには驚いた。
続いて情報科学(コンピューター)の講義。こちらは、黒板とホワイトボードを駆使したスタンダードな講義の趣きだ。インターネットのサイトの見方など、コンピュータのイロハを伝授している。年配の方たちの奮闘が微笑ましい。ふと最後列を見ると、なぜか8歳位の男の子がいる。不思議に思い、「この子も生徒ですか?」と聞くと、「他のクラスの先生の息子を預かってるの。コンピューターで遊んでいれば退屈しないでしょ」とのこと。うーん、子守りも兼任するなんてアバウト、いやアットホームだ。私営の教室では、こうは簡単にいかないはず。新しいことを学べるのはもちろん魅力だが、こんな人間的な空間でフランス人と交流できるのは、貴重な体験になりそうだ。(瑞)


●Association Philotechnique(ブローニュ)
語学、コンピューター、洋裁、絵画など。申し込みは9月半ばから。少人数で穴場なのでパリ16区在住者にもおすすめ。01.4825.4402
www.asso-bb.net/philotechnique/
●Association Philotechnique(パリ)
幅広い選択肢。申し込みは8月25日から。
01.4354.3620
www.philotechnique.fr/
●Cours Municipal d’Adultes
語学、料理、写真、速読法など。職業訓練の色合いが濃い。資料は9月1日から各区役所で配布。申し込みも同時に開始。
www.cours-municipal-d-adultes-cma.cma-paris.org/
●ADAC
アート関連のアトリエを探すならここ。申し込みは8月28日から。
01.4233.4554
www.adacparis.com