Eric Michel TV番組制作のディレクター 誰もが物語の主人公

 エリゼ宮の記者会見から戻ったあくる日には、モーリタニアへ報道番組のために旅立つ。料理番組を手がけたかと思えば、サッカーの実況中継にくりだす。エリックさんは、テレビ番組の制作で、世界中を駆け巡る日々を、もう18年も続けてきた。「僕は仕事があるから、幸運な方のアンテルミッタン」というけれど、失業制度改正のせいで、不安定な状況にさらされている。「アパートを見つけるにも、ローンを組むにも、僕たちは失業者とみなされて、皆に二の足を踏まれるんだ」。芸術の向上のため、彼らフリーランスで働く芸能関係者の、待遇の改善を訴え続ける。

 エリックさんは、時に自慢のハーレーで、時に徒歩でのんびりと、パリ市内を散歩するのが大好きだ。中でも、トロカデロからイエナ橋を渡って、エッフェル塔の足元へ、アンヴァリッドから河岸を通ってサンジェルマンへと向かう、L字型コースがお気に入り。そう、観光名所の王道である。「僕にとって、パリは魔法の町だよ」。シャンゼリゼ大通りのマロニエの並木道、セーヌ川に煌めく光の洪水、芸術橋に浮かび上がる恋人たちのシルエットなど。まるでドアノーの世界から飛び出したような、いきいきとした光景を目にすると、心がはずむ。「そんな使い古されたステレオタイプが、現実にそのまんま存在するパリって素晴らしい!」。そして「誰もが物語の主人公になりきれる」のがパリだという。
 最もお気に入りの、マレ地区には、暇があったら足を運ぶ。目的地を決めずに、ただぶらぶら歩き回って、気が向いたら、お茶を飲むのが気持ちいい。「僕の住む高層ビルの立ち並ぶSFっぽい地区(ラ・デファンス)から、古い時代へタイムスリップした町並みへ向かうのさ」。退屈を感じる暇など、微塵もない。取材中も、携帯を頻繁にチェックする多忙ぶり。何かと思えば、婚約者からのメールチェックだった。かれこれ1年以上も続く、アルジェ在住の彼女とは、宗教や慣習の違いがネックになって、一緒に暮らすことさえ足踏みしている。しかし、会うたびに振り子のようにチクタクと、動く心を止められない。正真正銘のロマンチストである。演出上手は恋上手、パリをこよなく愛するエリックさんの”Paris je t’aime” の一編なのであった。(咲)

●Le loir dans la thiere

「まるで不思議の国のアリスの世界に迷い込んだよう」と、エリックさんが通うサロン・ド・テ。といっても店内は、雑然と壁にポスターが貼られ、年代も色も違うイスやソファーが所狭しと並べられ、親しみやすい雰囲気だ。キッシュやオムレツの軽食もいいが、ここでは紅茶と日替わりのデザートセット(9€)がおすすめ。メレンゲのレモンタルトや、じんわり甘みが広がるルバーブのタルトなど、20はありそうな自家製のパイやタルトは、いかにも素朴な祖母の味といった風味。
3 rue des Rosiers 4e 01.4272.9061 M。St-Paul

10h-19h。無休。


ソルボンヌ広場のシンボルが消えていく。 


久しぶりにソルボンヌ大学前の広場に行くと、雰囲気が変わっていた。PUF(Presses universitaires de France)の本屋がない! 隣のカフェで聞くと、1月に服飾チェーンに買収され、改装工事中だという。〈Que sais-je?〉文庫で有名な、人文科学関係の教養・学術出版社PUFがここに書店を開いたのが1920年。カルチエラタンのシンボル的存在だったこの書店の閉鎖には学生、大学関係者、出版組合などの反対運動があったという。
 1999年末には大型書店ジベール・ジョゼフが救済買収したが、昨年末についにドラヴェンヌに買収された。工事現場の板には、「危険! 頭脳は資本主義者に買収された」という落書きが。学生街の雰囲気が薄れ、観光地化したカルチエラタン。PUFの閉店でますます拍車がかかりそうだ。(し)